早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > “神の粒子”ヒッグス粒子探索に貢献―理工・寄田研 「アトラス実験施設」レゴブロックを展示

ニュース

“神の粒子”ヒッグス粒子探索に貢献―理工・寄田研
「アトラス実験施設」レゴブロックを展示

 早稲田大学理工学術院総合研究所と寄田研究室は、万物に質量を与えたとされる物質で“神の粒子”と呼ばれ、発見がほぼ確実視されている「ヒッグス粒子」の探索に多大な貢献をした「アトラス実験施設」のレゴブロックを作成し、西早稲田キャンパス63号館1階情報ギャラリーにて常設展示を始めました。

 寄田浩平准教授は、高エネルギー加速器研究機構(KEK)など国内16機関約110名の研究者からなるアトラス日本グループの一員として、LHC(Large Hadron Collider) 加速器のアトラス(ATLAS)検出器実験に従事し、ヒッグス粒子やその他の新しい素粒子の発見を目指す実験を推進しています。アトラスは、欧州合同原子核研究機構(CERN)のあるスイス・ジュネーブの郊外、地下約100mに設置されている、高さ22m、全長44m、重量7000tの大型粒子検出器です。世界37カ国・169の大学及び研究機関から約2800人の物理学者が参加し、史上最大規模の実験が行われています。

 レゴブロックは約9500ピースからなり、スケールは実物の1/50(全長約11m x 高さ0.5 m x 幅0.5 m)。レゴのフィギュア(人形)のスケールと近く、実物の迫力が推測されます。細部にわたるまでATLAS検出器が再現されたこのモデルの製作キット一式は、ATLAS実験に参画する研究機関のみが入手することができ、日本国内には全部で16セットしか存在しない貴重なものとなっています。寄田研究室では2012年度ラボリーダー飯澤知弥さん(博士後期課程1年)を筆頭に、15名の研究室の学生がシフトを組み、10日間(約30時間)で作り上げました。寄田浩平准教授は、「これを機に素粒子実験、及びアトラス実験に興味をもっていただくとともに、早稲田大学でもアトラスでの研究をおこなっていることを知る方が少しでも増えていけばうれしく思います」と話しました。

 なお、ヒッグス粒子探索の実験を続けているスイス・ジュネーブ近郊にある素粒子実験の国際拠点、欧州合同原子核研究機関(CERN)は2013年3月、「最新のデータ解析結果はヒッグス粒子であることを強く示している」と発表し、発見をほぼ確実視している認識を示しました。

リンク

寄田研究室

理工学術院総合研究所