早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > Waseda Vision 150 グローバル人材育成の使命(後編)

ニュース

【早稲田大学校友広報紙「西北の風」特別企画】
鎌田薫総長・弘兼憲史さん・隅修三さん 座談会

Waseda Vision 150 グローバル人材育成の使命(後編)

 早稲田大学は、2012年11月、今日の大学に課せられた重い使命を果たすべく、これまでの歩みをさらに発展させ、アジアのリーディングユニバーシティとして確固たる地位を築くための中長期計画“Waseda Vision 150”を発表いたしました。

 “Waseda Vision 150”では、①「世界に貢献する高い志を持った学生」、②「世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究」、③「グローバルリーダーとして社会を支える卒業生」、④「アジアの大学のモデルとなる進化する大学」という4つのビジョンを思い描き、13の核心戦略とともに具体的なプロジェクトを提示、実行に順次移しています。

『社長 島耕作』

 早稲田大学が育成すべきグローバルリーダーとは一体どのような人材か。世界を舞台に活躍するスーパービジネスマンを描いた『島耕作』シリーズで知られる漫画家、弘兼憲史さん(法卒)と、東京海上ホールディングス会長の隅修三さん(理工卒)をお招きし、鎌田薫総長(法卒)と同じ1966年入学・70年卒業の同級生3名による座談会(司会・フリーアナウンサー、貞包みゆきさん=96年 人科卒)で、それぞれが思い描く「グローバル人材」を語っていただきました。

 島耕作も山口県出身で早稲田大学法学部を1970年に卒業したという設定で、今年、隅さんと同じく「社長」から「会長」となりました。弘兼さんと隅さんも山口県出身であり、中学時代からの友人という関係。鎌田総長も小・中学校時代を山口県で過ごしており、司会の貞包さんも世代は異なるものの山口県出身です。

 共通項の多い校友が揃った座談会では、学生時代の思い出、現代の若者への期待、島耕作の早大生時代を描く「学生 島耕作」編への意欲、など話題は多岐にわたり、大いに盛り上がりました。

出演者

弘兼 憲史氏/漫画家

 1947年生まれ、山口県出身。70年、早稲田大学法学部卒業。松下電器産業(現・パナソニック)に勤務したのち、76年に漫画家デビュー。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、日本漫画家協会賞大賞など受賞多数。2007年、紫綬褒章を受賞。現在、モーニングに『専務 島耕作』、イブニングに『ヤング 島耕作』、ビッグコミックオリジナルに『黄昏流星群』を連載中。

隅 修三氏/東京海上ホールディングス株式会社 取締役会長・東京海上日動火災保険株式会社 取締役会長

 1947年生まれ、山口県出身。70年、早稲田大学理工学部土木工学科卒業。同年4月に東京海上火災保険に入社。同社取締役海外本部部長兼ロンドン首席駐在員、常務取締役、専務取締役、取締役社長などを経て、2013年6月より現職。

鎌田 薫/早稲田大学総長

 1948年生まれ。静岡県で生まれ、小・中学校時代を山口県で過ごす。70年、早稲田大学法学部卒業。72年、同大大学院法学研究科修士課程修了。76年、同院法学研究科博士課程単位取得後退学。同大法学部教授、同大大学院法務研究科長などを経て2010年より現職。

(司会)貞包 みゆき氏/フリーアナウンサー

 1972年生まれ、山口県出身。96年、早稲田大学人間科学部卒業。桜美林大学大学院言語教育国際研究科修了。日本航空フライトアテンダント、NHK北九州放送局アナウンサーを経て現職。

『島耕作』に見る早稲田らしさ
鎌田

上下関係を醸成する寮やサークルなどの構造も、昔とは変わってきている気がします。今はもっと自由でもう少し小さい、本当に気脈の通じ合った人たちだけで作るグループが増えてきているようです。気に入らない先輩の下で我慢しながら過ごすような機会は、昔に比べると減っているかもしれないですね。

弘兼

ただ、社会に出て会社に入るとすると、自分と気が合う仲間とだけ付き合うなどということはできません。隣に座った人が自分の一番苦手なタイプかもしれないし、たいていは年齢も考え方も違う。ずっと仲間と過ごせるのは学生時代だけですから、早いうちに年が離れた人と話す経験をしておいた方が良いのではないでしょうか。

しかも、社会に出ると世の中理不尽なことばかりですからね(笑)。学生時代にも、その理不尽なところを体験しておいた方が良いでしょうね。

貞包

早稲田大学は、年齢や価値観、文化の異なる学生と共同生活を送る場を提供しているわけですが、その役割についてはどうお考えですか。

鎌田

それは大変重要です。そのために、一つは、自分が予期せぬ個性を持った人とぶつかり合える場をもっと多く作ることです。授業やサークルだけでなく校外学習や日常生活も通じて、相互に理解を深めていくことが大切です。もう一つ、外国人留学生の受け入れは国と国との相互理解にもつながると考えています。早稲田は19世紀から留学生を受け入れていて、中国で言えば共産党の創立メンバーにも早稲田出身者がいるなど、幅広い人脈を形成してきました。早稲田で学んだ学生が日本をしっかり理解し、母国に帰ってリーダーになる。これを積み重ねていけば、政府の外交策よりも早く国同士の相互理解が進むと思うのです。早稲田を通じた若者同士の交流が、やがて国同士の交流となって大きく実を結んでくれたら、こんなにうれしいことはありません。

弘兼

韓国のサムスン電子のCEOも早稲田出身者ですね。外国人留学生の受け入れは、グローバル対応という点でも意味があります。最近の日本の学生は、日本の産業が国内市場で独自の方向性へ進化して世界標準から掛け離れてしまったのと同じで、「ガラパゴス化」しているように思えます。海外に出ようとせず気の合った仲間だけと過ごす、ある意味ぬるま湯の中にいたがる傾向があるように思うのです。もっと外に出て、さまざまな人と出会い、ぶつかり合ってほしい。今は日本から留学する学生も減っていますね。かつてハーバード大学では東洋人と言えば日本人が一番多かったのに、今は中国、韓国、台湾の学生がほとんどだという現実があります。

鎌田

今、大学に在籍しながら海外留学する人数も、外国人留学生の受け入れ数も、日本で一番多いのは早稲田です。学生アンケートでは「留学したい」「就職したら外国へ行きたい」という人が約7割もいるのですが、実際にはお金がない、就職に不利になる、留年しなくてはならないなどの理由で行かない人も多い。そこで早稲田では、本学で授業料を払っていれば留学先の学費は不要としたり、留学先で取った単位を早稲田の単位に組み込んで留年しなくて済むようにしたり、就職に不利にならない時期に行って成果を上げられるような留学プログラムを提供したりしています。また、海外からの留学生は、十分な日本語能力がない場合にはすべての授業を英語で受けることができます。こうした仕組み作りの成果で、今、早稲田にはおよそ4500人の外国人留学生がいます。しかもそのうち2000人近くは学部生です。

弘兼

企業では、社内公用語を英語にしようという動きもありますね。早稲田でも、全授業の半分ぐらいを英語で行ってはどうでしょうか。

鎌田

今、6学部11研究科が英語だけの授業で学位が取れるようになっています。また、20年後には外国語による授業を50%にする予定です。この50%というのが重要でして、決して100%にはしません。日本語で日本のことをきちんと勉強する授業も大切ですから、これは続けていくつもりです。

弘兼

なるほど、もうすでに実施されているんですね。学生全員にパソコンを持たせる授業はどうですか? 

鎌田

学部学科によってやり方は違いますが、例えば法科大学院の授業では学生全員がパソコンを開いています。対話型、課題解決型の授業では、豊富な資料を読み込んで予習していかないと成果が上がらないのですが、資料といっても学生全員分の判例集は用意できません。そこで、資料は全部パソコンで検索できるようにする必要があります。授業中もパソコンで法令や判例の文献を見ながら議論しています。対話型の授業にはこうしたインフラ整備が必須ですから、これから一層の充実を図っていこうと思っています。

今の時代は、インターネットで検索すればなんでも出てきますね。そのせいか、そこで見た模範解答のようなものを自分の答えだと思ってしまう人が増えているように感じます。想像力を働かせる訓練がしづらい時代になっているのではないでしょうか。大学生になる前、もっと小さいときから本を読ませて、想像力を働かせる訓練をするべきだと思います。

弘兼

最近は頭の良い人が多いけれど、クリエイティブな人、創造する人が少ないと感じますね。理科系の人に聞くと、「発見」というのはまず仮説を立てて検証し、だめだったらまた仮説を立てて検証し、ということを延々と続ける作業の末に生まれるのだそうです。ときどき立てた仮説がバカンとヒットする、これが「大発見」なのだと。この仮説を立てる能力が、実はクリエイティブの能力と関連していると聞きました。大学には、こうした能力を鍛えるような役割も期待したいですね。

「リーダーたるもの、ブレるな、逃げるな」
貞包

最近の連載ではついに島耕作が結婚しましたが、なぜ結婚させようと思われたのですか。

弘兼

今は島耕作をスーパービジネスマンという形で描いていますが、実は最初はオフィスラブをテーマにした作品だったのです。途中からビジネスをテーマにするようになったのですが、男性誌に載る作品ですから、やはり魅力的な女性が次々に登場する方が良いだろうと。そうなると、島耕作が結婚していたら不倫になってしまいますから、自由恋愛できる立場にするためにまず離婚させた。そして最近、ヒロインの大町久美子と64歳にして結婚させたのです。これまで結婚させなかったのは、たくさんの女性を登場させるためだったというわけです。

貞包

なるほど。ビジネスマンとしての側面は、これからも発展させていくのですか?

弘兼

これが難しいんですよ。島耕作は会社やビジネスの現場をリアルに描いた作品で、これから彼は会長という立場になります。会社の業務は社長に任せて経団連や経済同友会などに入り、日本経済のために政官財と交渉するような立場ですね。テーマは法人税率の引き下げや量的緩和などになると思うのですが、そんな大所高所から日本経済を語る漫画って、果たして面白いのだろうかと(笑)。これからどう描いていけばいいのか、島耕作と同じ会長である隅君に教えてもらいたいです。

私は今は経済同友会に所属していて、いくつかの集まりに出席して今後の経済などを語り合っています。ほかにもさまざまな団体や委員会でアドバイザー役を務めるとか、そうした話が少しずつ来ています。会社の執行業務と外部の業務との割合で言えば、今後は外部の方が多くなっていくでしょう。社内の業務はもう人に任せて、進む方向が大きく外れないように見ているだけですね。

鎌田

弘兼さんの漫画には各時代の社会・経済・政治がしっかり反映されているので、それを楽しみに読んでいるファンも多いでしょう。日本全体がこれからどこへ向かっていくのか、今は大きな曲がり角に差しかかっているところですから、会長島耕作がこれからの政治なり経済なりを読み解いていく物語は面白いと思いますよ。

ええ、きっと受けると思います。今、テレビで『島耕作のアジア立志伝』を放送していますが、見ていると共感する部分が多々あります。アジア、中近東、アメリカなど、ビジネスマンが他国とパートナー関係を築く過程には面白い話がいくらでもありますし、実際に私自身も台湾やオーストラリア、中国、サウジアラビアなどさまざまな国に行く予定があります。そこの政治状況、パートナー関係などを掘り下げれば、面白い話はいくらでも出てくると思います。

弘兼

なるほど。そうした話を読者に紹介していくのは、意義があることかもしれませんね。サラリーマンの読者に「新聞よりもわかりやすかった」と言っていただけることもあるので、さらに貢献していけたらと思います。

貞包

隅さんは島耕作のモデルと言われることがありますが、どのように感じていらっしゃいますか。

社員からもよく「島耕作のモデルなんですか」と聞かれますが、私はひたすら否定し続けています。私にはああいった女性遍歴はありませんと(笑)。私自身は島耕作を、同じ1947年生まれで日本の高度成長やバブル崩壊や国際化を体験してきた人、つまり団塊世代を代表する企業人という風に見ています。昇進などのタイミングが同じであることについては、やはり年代が同じだからではないでしょうか。

弘兼

私たちと島耕作は同い年ですからね。私が倒れたらあの漫画は終わるわけですが、それまではペンが動く限り描き続けていきたいと思っています。この先は相談役や顧問になるのか、あるいは『退職 島耕作』という形にして、高齢社会をどう生きるかというテーマにシフトしても面白いかなという気がしています。でも、まだしばらくは日本のビジネスの話を描いていきたいですね。

島耕作という人物は「群れない」ですね。それから「ブレない」。もう一つ言えば「逃げない」。私はいつも社員たちに「リーダーたるもの、ブレるな、逃げるな」と言っています。組織である以上「群れるな」とは言いませんが、でも島耕作は組織人でありながら群れていませんね。

弘兼

そうですね、派閥には属しませんね。そう言えば、早稲田の卒業生団体「稲門会」は結束力が弱くて集まりも悪い部分があります(笑)。会社の中で派閥を作ることもありませんし、群れないことが早稲田らしさと言えるのかもしれません。

早稲田出身者には、それを出世の道具にしようという発想はまずないですね。だから、ほかの大学の閥の会社は結構ありますが、早稲田の閥の会社はあまりない。早稲田には自立した人が多いということなのかもしれません。

鎌田

早稲田の建学の母である小野梓は、日本を良くするためには、自立した精神を持った市民が社会の隅々にまで存在することが重要だと強調していました。そして、その自立した精神を養うのが学問なのだと。権力に迎合しない独立した学問を通じて、至るところで社会の基礎を支える自立した市民を育てる、それこそが東京専門学校早稲田大学の使命なのだと説いていました。

弘兼

ケネディの大統領就任演説に、「国が我々に対して何をしてくれるのか期待するよりも、自分たちがこの国に対して何ができるかを考えてほしい」という内容の言葉があります。早稲田の学生にはそれと同じように、大学が何をしてくれるかよりも、自分が早稲田で何ができるのかと考える精神を期待したいですね。

早稲田精神を発揮して
貞包

あらためて、皆さん早稲田らしさとはどういうものだとお考えですか。

弘兼

やはり進取の精神と、それから良い意味での反骨精神ではないでしょうか。一匹狼という気風もあると思います。

「自立」と「群れる」という論点で言えば、現実には群れたがる人が多い。彼らは横並びばかりを意識していて、皆と違ったことをしてグループからつまはじきにされることを恐れます。そうではなく、自分一人で判断して歩いていかなければ。真に自立した精神、それが本来の早稲田らしさだと思います。

鎌田

その通りだと思います。早稲田の卒業生には、ビジネスの世界だけでなく芸術の分野で活躍している人もたくさんいます。特に芥川賞作家は早稲田出身者が圧倒的に多いですね。これは、なにかに従属するよりも自分の世界をぐっと収斂していける人が多いということでもありますから、その風土は大事にしていきたいと思います。早稲田は進取の精神にあふれた人たちが集まり、切磋琢磨して人間性を磨くことができる場。だからこそ社会から信頼されている先輩たちが大勢でているのです。早稲田出身者は、経済的に好調なときよりも厳しいときに社長になる人が多いという印象があります。早稲田は、危機に際して頼りにされる人、個性を発揮して自分の道を切り開いていく人を多数輩出しています。これが私たちの誇りです。

貞包

時代は変わっても、学生にはやはりそういった早稲田らしさを期待したいですね。さて、最後に読者へのメッセージをいただきたいのですが、まずは早稲田の教職員に向けてお言葉をお願いします。

弘兼

大学が何をしてくれるかを望むのではなく、自分の人生は自分で切り開くもの。教員の皆さんには、そのための4年間だということと、自立する心を学生に教えていただきたいと思います。

「Waseda Vision 150」の教職員の役割というページを読んだとき、私は違和感を覚えました。教職員が、学生だけでなく両親に対してもこんなサービスを提供していますということが書かれていたのです。私からすれば、もう大学生ですから親は関係ない。私の子どもたちが卒業した海外の大学では、その点は極めて明快でした。「ここは子どもたちが独立する場なのだから親は口を出すな」と早稲田大学で宣言したらどうでしょう。

鎌田

もともとは早稲田もそういうスタンスで、伝統的に保護者に成績を渡すようなことはしてこなかったのです。ところが、今はそれではだめなんですね。ほかの大学ではちゃんと親に成績を見せて、このままでは卒業が危ないといったようなアドバイスをしてくれるのに、と言われるようになりました。

親も子離れする努力をしなくてはいけませんね。海外の大学ではきちんと卒業できる学生は半数程度ですから、卒業式には親も参加して盛大に祝います。しかし、親が関係するのはそのときぐらいですね。卒業式以外で口を出すのは、やはりチャイルディッシュだなという印象を受けます。

貞包

親世代ももっと自立心を持って、場面によっては子どもと自分を切り離して考えるようにしなければいけませんね。さて、次は卒業生に対してメッセージをお願いします。

弘兼

早稲田精神を発揮して世界で活躍してほしい、この一言に尽きます。

派閥を作ったり集まったりすることはほとんどありませんが、みな早稲田に対する愛校心は持っていると思います。これを大事にしていってほしいですね。

鎌田

早稲田の卒業生は約59万人いると言われています。総長としては、ぜひ早稲田に対して物心両面の応援部隊の役割をお願いしたいと思います。しかしそれよりも、現在の早稲田が高い評価を得ているのは卒業生の皆さんの活躍によるもので、これが私の最大の誇りなのです。今後は、その優れた力を教育・研究や大学経営の改善に活用させていただきたい。講演や講義に来ていただく、大学経営にトップランクの経営者の知恵を貸していただく、こういうことを積極的に展開していきたいですね。

貞包

では、現役の学生に対してメッセージをお願いします。

弘兼

一言、「慶応に負けるな」(笑)。狭い話で恐縮ですが、私の周りで早稲田と慶応の両方に受かった人は、悔しいことにみな慶応に入学しているんですよ。早稲田を選ぶ人が増えるよう学生たちも頑張って、魅力ある大学を作ってください。

鎌田

早稲田はPRするのが下手なところがありますね。実は司法試験合格者も、法科大学院の卒業者では慶応の方が多いのですが、彼らがどこの学部を卒業したかというと、一貫して早稲田がトップだと思います。早稲田の学生は、学部を卒業してから他の法科大学院に入ることも多いですから、数としては表に現れにくいんですね。ですから、これからの課題は実力を実力通りに見せる工夫をすること。会社でいう企業イメージのようなものを確立していきたいと思います。でも、早稲田の学生は基本的にたくましさを持っていますから、将来の活躍を大いに期待しています。

私は昔から、「25歳以上は人間対等だ」と社員に言っています。人間、25歳ぐらいまでには自分なりの考え方や哲学をある程度確立できるはずで、そこから先はキャリアや経験による差でしかないと。明治時代の偉人たちは、みな25歳ぐらいで偉業を成し遂げているわけですよね。今の学生も、みなそれだけのポテンシャルは持っているはず。「草食系なんて呼ばせるな、とにかく大人になれ」というのが私からのメッセージです。

貞包

最後に、皆さんの今後の展望や野望などをお聞かせください。

弘兼

私は『学生 島耕作』を面白いものにすべく頑張りたいと思います。自分でもとても楽しみにしていますので、ぜひご期待ください。

今までは社業に専念してきましたので、これからは少しでも日本社会に貢献できるような活動をしていきたいと思います。

鎌田

早稲田は今日本で一番グローバル化対応の進んでいる大学ですが、これを国内だけでなく、国際的な舞台でも高く評価されるようにしていきたいと思います。それから、今後の生涯学習社会に対応できる大学にしていきたいですね。大学で過ごす18~22歳だけで学びを終えるのではなく、一生かかって能力を伸ばし、新しい知識を吸収していこうという人たちを迎え入れたい。「一生のうちいつでも、必要なときに学びに来てください」と胸を張って言える大学にしていきたいと思います。

貞包

すばらしい先輩たちに続いていけるように、私たちも頑張っていきたいと思います。本日はどうもありがとうございました。

(前編へ)