早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 羽生結弦選手が早稲田大学総長を訪問しました

ニュース

羽生結弦選手が早稲田大学総長を訪問しました

 羽生結弦選手(早稲田大学人間科学部通信教育課程eスクール在学=東北高)が、4月24日、早稲田大学を訪問し、鎌田 薫総長らに今シーズンの活躍を報告しました。羽生選手は、ソチ冬季オリンピック・フィギュアスケート男子シングルで日本勢として初の金メダルを獲得、世界フィギュアスケート選手権でも優勝しています。

 鎌田総長、宮内孝知理事(スポーツ振興・競技スポーツ担当)、谷川章雄人間科学部長らとの懇談で、羽生選手は「心理学や統計学、数学にも関心があり、人間科学という科学的な方法でフィギュアスケートの技術や表現力を高めることができると考えています。」と、学業に対する情熱と深い探求心を感じさせました。

 初めて来た早稲田大学の感想は「素直に、とても大きい(大学)。写真でしか見たことがなかった早稲田大学に来ることができて、うれしい。大隈庭園では綺麗な藤の花を見ることができて良かったです。」と笑顔で話しました。人間科学部eスクールの勉強では「『心理学』や、特に今年履修している『感覚情報工学』という科目が好きで、スケートと直接つながる学問なので一生懸命学びたい。」と話しました。

 早稲田大学に進学した理由は「早稲田大学を卒業された荒川静香さんが(トリノ五輪で)金メダルを獲ったときに強く意識しました。荒川さんは人間性のある素晴らしいスケーターで、知的なコメントもされますし、社会的な存在であり憧れています。荒川さんと同じ早稲田大学に在籍できることをうれしく思います。また、自分が取り組んでいるフィギュアスケートを科学的にいろいろな視点で研究したいです。人間科学という視点から、芸術的な表現力、技術、心の状態なども研究できる。また、練習が終わってからすぐ勉強できるスタイルがあっていて、eスクールに進学しました。」とコメントしました。

 金メダル獲得の記事が掲載されている『早稲田スポーツ新聞(新入生歓迎号)』を見て、「自分を記事にしてくれたことや、これが早稲田大学の方々に伝わることは大変うれしいです。『ワセダで学んでいるからこそ、メダルが獲れたし、このような成績を残せたということ』が伝わればいいなと思います」と感想を述べました。

 「早稲田大学で、やりたいことは?」との質問には、「『早稲田祭』に出たい。純粋に『早稲田祭』に出たいです!」と即答し、会場に笑顔があふれました。

 今回の訪問では、スケーターとして頂点を極めた羽生選手が人間科学という研究分野への関心が非常に高く、さらに自らのスケートを科学的に研究したいという姿勢、人間としても成長したいという向上心が強く印象に残りました。同時に、羽生選手の早稲田愛を感じる訪問になりました。世界と戦い、自分自身の成長を極める羽生選手のさらなる活躍に期待します。

部名 NEWS
URL 早稲田大学人間科学部eスクール http://www.waseda.jp/e-school/
早稲田スポーツ新聞会 http://wasedasports.com/
ソチ冬季オリンピック フィギュアスケート男子 金メダル獲得/羽生 結弦選手(人科/eスクール在学)
http://waseda-sports.jp/news/34282/
世界フィギュアスケート選手権(男子) 初優勝!/羽生結弦選手(人科/eスクール在学)
http://waseda-sports.jp/news/35251/