早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 私大トップクラスの規模を誇る奨学金

ニュース

私大トップクラスの規模を誇る奨学金

 早稲田大学は、大学独自の奨学金を数多く設けており、そのすべてが返済の必要のない給付型の奨学金です。2013年度の奨学費総額は35億円を超え、その規模は私大トップクラスを誇ります。日本人学部学生の奨学金希望者においては、約4割が大学独自の奨学金に採用されており、さらに日本学生支援機構や民間財団による奨学金をあわせると約6割の学生が何らかの奨学金に採用されています。

奨学費の推移

 大学独自の奨学金は、学業成績優秀者やスポーツ成績優秀者を褒賞するものから経済的事情により就学困難な学生を支援するものまで、多岐にわたっています。また、在学中に様々な理由から家計が急変した学生が修学を断念することのないよう支援する奨学金も充実させてきました。最近では、海外留学をめざす学生を支援する奨学金なども用意しています。

 また、2009年度から開始した「めざせ!都の西北奨学金」は、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の高等学校出身者で、経済的事情から早稲田大学への進学を逡巡している受験生に対して、入学試験前に書類選考により採用候補者として内定を出すものです。採用候補者は、入学試験に合格し、早稲田大学に入学することで奨学金に正式採用されるため、受験生は入学後の経済的な不安を抱えることなく、受験に専念することができます。

 2015年度に向けて、既に1回目の募集を終え、約690名に対し採用候補者として内定を出しました。現在2回目の募集を行っています。

めざせ!都の西北奨学金 第2回募集

2015年1月5日(月)~26日(月) ※締切日消印有効

早稲田大学独自の奨学金については、奨学課のウェブサイトをご覧ください。