早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > オピニオン > 文化・教育

オピニオン

▼文化・教育

ジェームス・バーダマン/早稲田大学文学学術院教授 略歴はこちらから

マイケル・ジャクソン

ジェームス・バーダマン/早稲田大学文学学術院教授

消えたアメリカンアイドル

 2009年6月25日、マイケル・ジャクソンの死去にあたり、マスメディアはいわゆる『キング・オブ・ポップス』としての彼を高く評価した人、あるいは非難した人たちの様々な反応について報道した。その謎めいた死、ミュージシャンとしての姿、また彼の私生活について振り返るものだった。私生活に深刻な問題があったことは確かだが、それでもなお彼の音楽は大衆の文化と意識に非常に大きな影響を及ぼしたことも、また確かなことだ。独自のサウンドとボーカルスタイルが、数世代にわたってヒップホップやポップス、R&Bなどの音楽に影響を与えたのと同時に、彼のプロモーションビデオはMTV(アメリカのケーブルテレビチャンネル)の成功に大きく貢献したといわれている。

皮膚の色を越えて

 彼の影響は、他にもある。それは彼が音楽の境界線だけではなく、他の境界線をも越えることができたということだ。キング牧師が掲げた理想、つまり人々が皮膚の色ではなく個人の人格で判断される時代が到来するという夢は、政治や法律、経済によって実現させるのは困難なことだった。しかし人種の壁を越える方法は他にもあることを、彼は証明したのだ。

 マイケル・ジャクソンという存在の喪失を思う時、他の世界の英雄についても思いを馳せなくてはならないだろう。彼らの存在がなければバラク・オバマも大統領になり得なかったかもしれないのだ。MLB(メジャーリーグ)初の黒人選手となったアフリカ系アメリカ人、ジャッキー・ロビンソンは、差別によって殺される可能性さえあるというプレッシャーと偏見に対して、怒りで反応したのではなく、疑いようのない野球の才能でそれに応えた。また、最近ではNBA(全米プロバスケットボールリーグ)のヒーロー、マイケル・ジョーダンが、素晴らしいプレーと決してあきらめないスピリットによって、黒人も白人も関係なく多くのファンを魅了した。この二人は人種の壁を見事なプレーで乗り越え、その立派な人格とパフォーマンスによって、観衆はたとえ一時的であっても人種の違いを忘れたのだ。彼らはそれぞれのやり方で、アフリカ系アメリカ人の強さ・天性の能力・偉大な努力を示し、アフリカ系アメリカ人は劣っているという考えは間違いだということを証明した。それはすべての人種の模範ともなった。

 また、同時に一人の白人のミュージシャンのことも忘れてはいけない。エルビス・プレスリーである。彼はアフリカ系アメリカ人の音楽スタイルを取り入れた新しい音楽を作り出し、そして多大なる敬意も表した。それゆえ彼は、人々から批判を浴びながらも、黒人・白人を問わない新しい音楽のスタイルを作り上げることができた。エルビスの最初のレコーディング曲である黒人ブルースがローカルラジオでヒットしたとき、DJは彼にどこの高校に通っているのかを尋ねた。エルビスが答えたのは白人の通う高校の名前だった。その当時、黒人と白人は別々の学校に通わなければならなかったため、それによって視聴者は彼が黒人ではなく白人である事を知ったのだ。彼はこの意味で「皮膚の色の境界線」を音楽で越えた。レコードやラジオは、皮膚の色を伝えたりはしない。彼は白人からホワイトブラックマンと揶揄されたが、すばらしい音楽で応えたのだ。

 ジャッキー・ロビンソン、マイケル・ジョーダン、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソンは、人種を問わない新時代を築きあげた開拓者なのだ。マイケル・ジャクソンに至っては、ジャクソン5の最年少メンバーとして、その後はソロアーティストとしてテレビ界における人種のボーダーも越えてみせた。当時を知る白人女性は言う。「自分の親は他の黒人グループをテレビでは絶対みなかったのに、ジャクソン5は楽しんでいた」。他の人種を受け入れるということについて、マイケル・ジャクソンはデモや抗議などではなく、印象的なダンスと歌で貢献した。どんな人種であっても、彼を見た人は立ち上がって踊り出したくなり、子供たちはダンスの振りをまね、彼のトレードマークでもあるムーンウォークをマスターしようとした。

音楽とプロモーションビデオ

 彼の影響は、歌詞からもうかがうことができる。『Man in the Mirror』では、まるで選挙運動中のバラク・オバマの音楽版のように、「change」はできるのだ、そしてその「change」は鏡に映っている自分から始めるのだと歌っている。また、人種差別に対しての曲『Black or White』では、人は白人であっても黒人であっても兄弟姉妹になることができるとも歌っている。その曲のプロモーションビデオには、「KKK」(白人優越主義の過激グループ)の文字や「不法入国のメキシコ人労働者は帰れ!」という文字が映ったガラスを壊すシーンが映し出されている。

 『Heal the World』では聖書からの引用で武器を鋤にかえて平和な世界、一つの人種や国ではなく人類すべてのための世界を創ろうと歌っており、『Gone Too Soon』ではエイズでなくなったライアン少年を悼み、エイズで苦しむ人々の痛みについて訴えている。

世界に迎えられた文化

 『Off the Wall』『Thriller』の爆発的人気により、マイケル・ジャクソンはポップス界の第一人者となった。彼はグラミー賞を13回受賞し、No.1シングルを13回記録し、世界で7億5千万枚ものアルバムを売り上げた。

 ここで重要なのは、「世界的」という言葉だ。彼の1991年のヒット作『Black or White』は17カ国で、オーストリアからノルウェー、ジンバブエそしてもちろんアメリカまであらゆる言語の国でNo.1を記録した。アフリカのガボンを訪れた際には、10万もの人が彼を迎えた。

 アメリカではマイケル・ジャクソンは「私生活に問題はあるがすばらしいミュージシャン」と思われている。しかし世界の他の国では、彼はいわゆるアメリカの顔であり、大統領も含めた他のどんなアメリカ人より、彼の名前、彼の言葉は知られている。アメリカの経済的・軍事的・政治的な力で世界に訴えるより、マイケル・ジャクソンの音楽のほうがより効果的なのだ。音楽を通して彼が体現した、より優しく、より親切なアメリカの文化の姿をもっと世界に知ってほしいと願っている。

ジェームズ・M・バーダマン(James M. Vardaman)/早稲田大学文学学術院教授

1947年、アメリカ合衆国テネシー州生まれ。ハワイ大学大学院修了、アジア研究M.A.現在、早稲田大学文学学術院教授(文化構想学部 多元文化論系)。専攻はアメリカ南部の歴史と文化。著書には、「アメリカ南部:大国の内なる異郷」(講談社現代新書)、「わが心のディープサウス」(河出書房新社)、「ロックを生んだアメリカ南部」(NHKブックス)、「黒人差別とアメリカ公民権運動」(集英社新書)など。