早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > オピニオン > 文化・教育

オピニオン

▼文化・教育

松本 泰生/早稲田大学理工学術院 客員講師 略歴はこちらから

「東京の階段を歩く」

松本 泰生/早稲田大学理工学術院 客員講師

東京は階段の街

 15年ほど前から東京都心部の階段を訪ね歩いている。そもそもは論文執筆のためで、都心部山の手の台地と低地の間に存在する「斜面地」の空間実態の調査から始まったのだが、途中からは階段とその周辺の風景のおもしろさに取り憑かれてしまったようになり、階段を巡り歩くことになった。だからここでいう「階段」はビルや駅などの建物内や歩道橋の階段ではなく、高台に上るもしくは低地へ下るというように地形となんらかの関係を持つ階段をさす。

文京区千駄木1丁目のへび階段

 都市として江戸期以来の歴史を持つ東京都心部の山の手は、武蔵野台地の東端部にあたり、神田川などいくつかの中小河川が台地を浸食して、台地と谷地が複雑に入り組んだ地形をなしている。そして高台のお屋敷町と低地側の旧町人地の間には、富士見坂や汐見坂などという名のある坂道だけでなく、大小の名もない階段が数多く存在する。住宅地図で調べると、東京都心には山手線の内側だけで、650余の階段が存在する。総数はまだ掴めていないが、23区全体では1,500ヶ所程度になるかもしれない。東京都内には名前のある坂がおよそ1,000ヶ所あると言われ、東京は坂の街だと言われたりもする。だが同時に東京は階段の街でもあるのだ。

階段と階段のある東京風景を楽しむ

文京区湯島の実盛坂

 一口に階段と言っても千差万別でそれぞれに特色があるので、さまざまな姿形を見ているだけでも実はおもしろい。寺社の参道階段は手間がかかっていて美しく歴史もある。江戸時代から名所絵などにも描かれ、時代を超え江戸東京の風景の見どころとなっている。一方、私道上の階段などは周辺の住民らが自前で造ったとおぼしきものも多く、その場の事情に左右された形が出来上がっていて、珍妙さが面白かったり苦労がしのばれる。密集する住宅群の間を蛇行しながら縫うように上る階段などは、デザイナーが設計する計画的なものを超えた偶然のなせる姿をしており、複雑かつ特異な姿に驚かされることもしばしばだ。

 高層ビルが多く建ち並ぶ東京では、地上から遠くの風景を眺められることが残念ながら年々少なくなってしまっている。だが階段や坂道からはまだ眺望が得られることがある。遙か彼方の山々が見えるなどということはほとんどないが、階段を上りきって振り返った時に数百m先の建物などが見えるだけで、ちょっと得した気分になれる。階段は眺望景観を楽しむことができるビューポイントでもある。

 階段を上り下りすると全く異なる都市空間にワープしてしまったかのようになることがあるのも、都市内にある階段の魅力だ。下町的風情の路地空間を抜けて階段にたどり着き、段々を上りきると閑静な住宅街に至る。このように階段は、二つの異なる地域の間の往来を可能にして空間的に繋げている。一方でそこに階段があることで高台と谷地は区別されることにもなっている。また階段があるとそこに地形的な起伏があることが明瞭化される。階段は橋やゲートのように空間を繋げつつ区切る結界のような役割を果たしながら、ともするとずるずると繋がってしまいがちな都市空間の中でランドマークにもなっている。

階段と都市計画

 景観面以外の特色として、階段のある道は自動車が通り抜けないということがある。住宅地内を自動車が走り回ることが多い東京で、公園以外でのんびり立ち話やキャッチボールができるような空間は意外に少ない。狭い路地空間同様のヒューマンスケールを持った空間でもあり、単にノスタルジーで残すというのではなく、できればそのような特色を積極的に活かしたいところだ。

新宿区四谷4丁目の蛇行階段

 このように階段とその周辺空間は魅力的だが、都市計画的な立場からすると問題もある。まず防災問題。都心の階段は木造密集地内に位置し、しかも細街路と呼ばれる路地空間にあることが多い。地震や火災時に危険なので拡幅事業やスロープ化も徐々に行われているが、そうすることで車が通行することにもなるし、ヒューマンスケールの小空間の良さも失われがちになる。機能性、利便性だけで考えず、相反する課題の解決に至る工夫が求められる。

 もう一つは高齢化社会の問題だ。高齢者にとって階段は大きな障害になりうる。近年は地形的な高低差を乗り越えるべくエレベーターが設置されている場所もあるが全ては不可能だ。だからといって平坦化するのも無理で、地形的な高低差はビルや駅の階段問題とは別に考えねばならないのだろう。近年は高齢者でも元気な方々が多い。障害を持つ人々への配慮は当然忘れてはいけないが、高齢者が山の手の街とそこにある階段を歩いて、都市空間を楽しみながら体力維持を図るという考え方をしてみるのも一つの方法ではないかと最近は考えている。

 街を歩き、階段を歩き、地形を感じ取り都市風景を眺めると東京の新たな一面が見えてきて、これからの街のあり方を考える契機になるのではないかと思う。

松本 泰生(まつもと・やすお)/早稲田大学理工学術院 客員講師

1966年 静岡県生まれ。
1991年 早稲田大学理工学部建築学科 卒業
1998年 早稲田大学大学院 理工学研究科建設工学専攻 博士後期課程 単位取得退学
1998年 早稲田大学理工学部建築学科 助手
2004年 早稲田大学 博士(工学)学位取得
2004年 早稲田大学理工学総合研究センター 客員講師
2007年 早稲田大学理工学術院 客員講師(現職)
主な著書『東京の階段』日本文芸社(2007)、『景観法と景観まちづくり(共著)』(社)日本建築学会編 学芸出版社(2005)

著者HP http://yma2.hp.infoseek.co.jp/