早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > オピニオン > 社会

オピニオン

▼社会

山本 武利(やまもと・たけとし)早稲田大学政治経済学術院教授 略歴はこちらから

朝日新聞は自らの戦争責任をさらに検証すべし

山本 武利/早稲田大学政治経済学術院教授

 定年退職1カ月前になんとか『朝日新聞の中国侵略』を文藝春秋から出すことができた。在職は10年間に過ぎなかったが、その間に本学からはいろいろとお世話になった。何よりも自由な研究環境を与えてもらったことがありがたい。その感謝の気持ちをこめて昨年夏から本書の執筆に取り組んだ。

 実は同名のタイトルの原稿を『諸君!』2004年11月号に公表していた。大陸新報社の足跡を分析しながら、朝日新聞社の第2次大戦での戦争責任を問うものであった。10年かけて大陸新報社の資料を探し、中間報告のつもりで雑誌原稿をまとめた。しかし個人の能力では資料集めに限界があることを思い知らされたので、このテーマに関する社内資料の情報公開を朝日に求めた。朝日のデスクが研究室に来て、これから始まる長期の連載があなたへの回答であると言った。ところが1年間の連載でも、本となった『戦争と新聞』、『新聞と「昭和」』でも肝心の『大陸新報』は一度も登場しなかった。

 『朝日新聞社史』では歴史上の「汚点」を包み隠さず明らかにしていると当時の中江社長は語っている。『大陸新報』名は1994年に出された社史の「大正・昭和戦前編」に初めて登場したもので、実は私もそのとき初めてその新聞名を知った。たしかにこれは「汚点」公開の姿勢のあらわれであった。しかし調べているうちに、不都合な事実を意図的に隠していることが分かってきた。そこで朝日は頼むにたらずと、早稲田在職の後半は暇を見つけては国内外のアーカイブスや図書館での資料収集、関係者へのインタビューを重ねた。そしてようやく資料面で充実してきたと思った昨年夏休みから本書の執筆に集中した。

 刊行された拙著を同僚や知人に贈呈した。私が地味な歴史家であると知っている人は、あなたに似つかわしくないどぎついタイトルだと言う。雑誌原稿でも使っていたこのタイトルを今回も変えない点では私も出版社も議論の余地がなかった。どぎつい足跡を残したのは朝日そのものである。それを実証した本がどぎつくなるのは当り前のことである。

 大陸新報社は終戦までの6年あまり、日本語の新聞を上海、南京、武漢、徐州で、そして中国語の『新申報』を上海で発行した。『新申報』は南京大虐殺のあった当時は陸軍直営の新聞であったが、中国人向けにその武力攻撃の正当性を現場で宣伝していた。それが大陸新報社に経営されるようになっても、日本軍の大陸侵略の先兵として活動した。

 『大陸新報』は陸海軍と満州浪人の呼びかけで朝日が協力したもので、当初は侵略性を持つものであるとの認識は朝日幹部には低く、「国策新聞」を引き受けたことを誇りにしていた。幹部らは汪精衛の南京政府が樹立される1940年あたりから日本軍の侵略を推進し、それを正当化することになんら違和感を持たなくなった。朝日から送られた記者が社の枢要の地位を占めるようになった。パールハーバー以降、朝日は同社を子会社にして、その重要決定を本土の重役会で行うようになった。大陸新報社の経営が好調であったため、大陸支配の野望は『満州朝日新聞』計画樹立にまで拡大した。だが一紙による支配を警戒する関東軍参謀によってその計画は挫折した。

 大陸新報社は1938年上海毎日新聞社を買収し、上海の日本語新聞を独占し、1939年には中国新聞協会を結成し、それを実質的に支配するようになった。米国立公文書館で見つけた資料は、同協会が日本語新聞だけでなく中国語新聞までも一元的に支配するファッショ的な機関であったことを示している。その協会の要所には元朝日記者が配置されていた。もし日本軍の中国制覇が成功していたなら、朝日の社旗は北京の天安門広場に掲げられていたことだろう。

 朝日は満州事変以前ではデモクラシーを推進する代表紙として軍部、右翼から「国賊新聞」と攻撃されていた。ところが日本の大陸侵略とともに「国策新聞」となったばかりか、軍部以上に帝国主義を賛美するようになった。平時はデモクラシー、戦時は帝国主義の新聞となることに社内外で違和感をもたなかった。当初は朝日色が記事、広告で鮮明であったが、次第にその色は消えてゆく。軍部隠し、朝日隠しは進行するが、それに反比例して朝日本社の同紙支配は強まった。

 それでも外部の人間の研究には限界がある。かなり調べたとはいえ、資料不足は否めない。ぜひとも社内資料を公開して欲しいと再度呼びかける。今までの経験では朝日は資料公開を拒否する中国档案館に近い。同紙が今後のメディア変革の時代を生き抜くためにも資料公開への姿勢転換が望まれる。今後の日本の軍国主義化、帝国主義化を阻止するためにも、太平洋戦争期での大陸新報社への自紙の関与の度合いを読者に説明する責任がある。国や企業の社会責任を追及してやまない自らの姿勢を自紙の過去にも向けて欲しい。

山本 武利(やまもと・たけとし)/早稲田大学政治経済学術院教授

1940年生まれ。早稲田大学政治経済学術院教授。マスコミ史、情報史専攻。

主な著書に『近代日本の新聞読者層』(法政大学出版局)、『ブラック・プロパガンダ』(岩波書店)などがある。