経済安全保障とバズワードの罠

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部主任研究員 林田晃雄

 ロシアのウクライナ侵略は、多くの人に経済安全保障の重要性を印象付けた。

迫る参院選 危機乗り越える政策を競え

 ロシアは原油の輸出量が世界2位、天然ガスは世界首位のエネルギー大国だ。そのロシアが戦争を始めたことで原油やガスの供給不安が広がり、国際市況は急騰した。日本などエネルギー輸入国にとって厳しい事態となっている。

 とりわけ、欧州への影響は大きい。欧州連合(EU)加盟国のエネルギー輸入は2021年、原油の27%、天然ガスの45%をロシア産が占める。

 冷戦終結後、欧州では西側の北大西洋条約機構(NATO)が東方に勢力を拡大し、反発するロシアとの間で緊張が高まっていた。それでも欧州各国は、自国経済の生殺与奪を握るエネルギー資源の多くを漫然とロシアに依存し続けた。

 ロシアが一気に侵略の暴挙に出たのは想定外だった。とはいえ、ロシアの強硬姿勢を踏まえ、エネルギー調達先の多様化を図るなど、経済安全保障にもっと気を配る余地はあったろう。

 米国がロシア産原油の禁輸など経済制裁を発動しても、EU諸国の多くは足並みをそろえることができなかった。経済安全保障の取り組みを怠れば、本来の安全保障でも自由に動けなくなる。

ウクライナ危機の影響でガソリンは高騰した(静岡市で)
ウクライナ危機の影響でガソリンは高騰した(静岡市で)

 欧州の問題は、ひとごとではない。日本は化石燃料のほぼ全てを輸入に頼る資源小国だ。なのに、電力の4分の3は火力発電である。原子力の将来戦略は議論が止まっている。日本のエネルギー政策は、経済安全保障が軽視されていないか。有事に対し 強靱(きょうじん) で柔軟な経済を作る。そのために、エネルギーや食料、希少金属のサプライチェーン(供給網)の 脆弱(ぜいじゃく) さなど、ウクライナ危機で見えた弱点を克服する。これが今後の経済安全保障の課題となろう。

 ウクライナ侵攻後、世界の主要企業が相次いでロシア事業の停止や撤退に動いた。侵略を 躊躇(ちゅうちょ) しないロシアで事業を続ければ批判を招く。今後、強権的な規制を受ける懸念も強い。多くの企業が、こうしたリスクを避ける経済安全保障の観点から、当面の損失を覚悟して経営判断したのだろう。政府が経済安全保障政策を具体化する際には、実際に経済活動を担う民間との連携を忘れてはならない。

 経済安全保障という言葉には、こうした「経済活動を守る」意味とは別に、「安全保障のために経済活動のあり方を見直す」という含意もある。

 侵攻を受けたウクライナは、同時に激しいサイバー攻撃にさらされた。ハイブリッド戦争では、サイバーへの耐性が重要だ。高度技術や軍事情報を盗まれぬよう、マルウェア(悪意あるプログラム)の侵入も防がねばならない。通信など主要インフラに使う機材・部品の調達国は慎重に選ぶ必要がある。「高性能で安いモノを買う」ことを基本とする経済合理性だけでは、安全保障に穴があく。

 このように、経済安全保障には多義性がある。多様な意味を持つ言葉が政策の旗印になると、「あれもこれも」となり、的外れな施策が入り込むきらいがある。

 例えば、約20年前の小泉政権では、確たる定義のないまま「構造改革」が叫ばれた。改革にかこつけた新自由主義的な政策が、格差拡大や拝金主義を招くなど、さまざまな弊害をもたらした。

 定義が曖昧なまま広く使われる言葉を「バズワード」と呼ぶ。ウクライナ危機という世界的な試練のなか、日本の経済安全保障がバズワードの (わな) に落ちて、政策が迷走する事態は避けたい。

 過剰に経済活動を制約することも、経済を優先して安全保障を (おろそ) かにすることも、あってはならない。経済と安全保障をどう両立させるか。経済安全保障の眼目はそこにある。

※この論考は調査研究本部が発行する「読売クオータリー」掲載されたものです。読売クオータリーにはほかにも関連記事や注目の論考を多数収載しています。最新号の内容やこれまでに掲載された記事・論考の一覧は こちら にまとめています。
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959621 0 経済・雇用 2022/04/28 10:00:00 2022/04/28 10:00:00 2022/04/28 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT8I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)