【寄稿】台湾危機回避へ米国は関与の明確化を リチャード・ハース 米外交問題評議会会長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■中国は台湾への経済的、軍事的圧力を強めており、習近平(シー ジン ピン)国家主席は軍事力を使って台湾の吸収に乗り出すという懸念が強まっている。

■中国の台湾侵攻を許せばアジアにおける米国の信頼は失墜し、多くの国は中国寄りになるか、あるいは自主防衛に走って軍拡競争が進む恐れがある。

■一方、台湾が独立の動きを強めたり米国が独立への支持を打ち出したりすれば中国の反発は避けられず、紛争の危険は一気に増す。

■米国は、中国による一方的現状変更には軍事力を用いてでも対抗する意思と能力を明確に示し、台湾にも独立は認めず、慎重な姿勢を促す基本政策を徹底するべきだ。

翻訳 調査研究本部主任研究員 永田和男 

 米国と中国の関係こそは、この時代を形作る大きな役割を果たすものだろう。そしてこの関係を規定するのは、双方が台湾を巡る武力紛争を回避し続けられるかどうかにかかっているのかもしれない。だが今、紛争の危険が高まる兆候の見えている中で、米国とその同盟国が直面する問題はどうすればそのような事態を、自分たちの重要な利益を損なうことなしに避けられるかということだ。

コロナ後の新・観光戦略論

増大する中国の対台湾圧力

昨年4月、台北の台湾総統府で会談に臨む蔡英文総統(右から3人目)とドッド元米上院議員(左から2人目)ら(ロイター)
昨年4月、台北の台湾総統府で会談に臨む蔡英文総統(右から3人目)とドッド元米上院議員(左から2人目)ら(ロイター)

 外交政策では概念の構成がいつも決定的に重要となる。台湾も例外ではない。そこには「問題」があり、そして「状況」がある。問題とは、基本的に解決することが出来るものだ。これに対し状況は、せいぜい管理していくことしかできない。台湾のケースは、状況の方に属する。解決可能な問題として扱おうとすれば失敗が目に見えているだけでなく、おそらくは紛争となり、米国も台湾も中国も、そして地域諸国と全世界も今よりずっとひどい状態に陥るだろう。なぜなら、あまねく受け入れられそうな結果などはないからだ。

 良いニュースがあるとすれば、米国と中国が40年以上前に設定した外交的枠組みによって、双方は台湾については「合意しないことで合意」していることだ。これによって米中は紛争を避けながら建設的な関係を築き、そのような米中関係は冷戦が西側の条件で平和的終結を迎えるのにも寄与した。米国と中国は深い経済的関係を築いていった。台湾もアジアのいわゆるタイガーエコノミーの一角として経済力をつけ、一党独裁を脱して強固な民主主義体制へと発展を遂げた。

 確認しておきたいのは、近年米中関係が急速に悪化しているのは台湾が原因ではないということだ。私がむしろ指摘したいのは中国による南シナ海の軍事化であり、不公正な貿易慣行であり、中国国内で悪化している抑圧であり、地域諸国に対する経済的な威嚇である。

 しかし今臆測を呼んでいるのは、習近平国家主席が自身の目標とする中国の「偉大な復興」を果たしてレガシーを打ち立てるためにも、武力を用いて台湾を吸収することを考えているのではないか、ということである。習氏の動機が何であれ、我々が目にしているのは台湾への経済的圧力増強であり、サイバー攻撃であり、誤情報の拡散と民主主義体制への介入であり、台湾島付近での軍用機飛行であり、台湾に近い海岸線に沿った軍事力配備強化であり、国際機関からの台湾締め出し工作である。

侵攻許せば米の信頼は失墜

昨年10月に台湾の防空識別圏へ進入した中国軍早期警戒機「空警(KJ)500」の同型機(台湾国防部提供)
昨年10月に台湾の防空識別圏へ進入した中国軍早期警戒機「空警(KJ)500」の同型機(台湾国防部提供)

 公式な米国の政策は長く、現状変更の場合は合意に基づき、台湾住民の支持を得たものでなければならないという原則を強調することだった。米国はまた、繰り返し台湾の独立は支持しないことを表明してきた。台湾に危機の引き金を引かせないためである。

 米国の中には、今起きていることを見れば台湾が大陸のものになるのは避けがたく、それを受け入れるべきと主張する人たちがいる。だが中国が台湾をどう喝したり吸収したりするのを許せば、アジアにおける米国の同盟体制は損なわれ、あるいは終わりを迎える。そうなれば各国政府は中国に従う方向に傾いて「アジア版フィンランド化(注1)」が起きるか、あるいは今以上の自律性を発揮するようになることで、通常兵器や場合によっては核兵器の拡散につながりかねない。2400万人近い台湾住民が享受する民主主義体制は消滅する一方、中国は太平洋全域にその影響力を投射して主要なシーレーンを管理下に置き、台湾の死活的に重要な半導体産業も支配下に置ける。ここで述べたいずれの事態が起きても、地域の安定と自由、繁栄は損なわれる。

台湾にも求められる慎重さ

 台湾は事実上の国家なのだから、それにふさわしい扱いをするべきだという主張も米国内にはある。だが、大陸が反発する台湾独立を米国が推奨したり承認したりすれば、紛争か、米中関係の 破綻(はたん) か、またはその両方ともが起きるのはほぼ間違いない。

 つまり、台湾には引き続き行動を慎んでいくようはっきり伝えていくしかない。それでは中国が過大な影響力を持つことになる、と反論する人もいる。しかし外交政策の成功はしばしば難しい取引を伴うものだ。戦争の可能性を避けながら、世界第2の経済力を有して気候変動から保健、核不拡散まで様々な地球規模の問題の行方も左右する超大国との実務的関係を維持しようとすれば、米国が台湾に関して自由裁量権を持ってよいということはあり得ないのだ。

米国の意図と能力を伝える

 必要なのは、より力を付けて攻撃的になった中国と向き合うのにふさわしい政策変更だ。そこに含まれるのは、米国のこの地域における軍事的能力向上であり、日本やオーストラリアとの防衛関係緊密化であり、中国による侵攻を遅らせるのに十分なだけの台湾の防衛能力であり、中国の攻撃的姿勢に対抗するために地域の同盟・友好国や欧州と経済的、軍事的方策を調整していくことである。

 これらの中には、中国に伝えておくべきこともある。目指すものは、米国の意図と能力に関する不確実性を拭い去ることによって、台湾侵攻が経済的にも軍事的にもきわめて高いものにつくことを中国指導部に対して明確に突きつけることだ。

 中国による台湾への敵対行動があれば軍事力で対抗する条件付きの権限を大統領に付与する、という宣言を米国議会が行うことも検討されていい。同時に、ジョー・バイデン大統領の政権は米国が長年の「一つの中国」政策から逸脱するのではないことを明確に表明するべきだ。そうすることで米国政府は、「中華人民共和国政府が中国の唯一合法的な政府であることを承認」しながら台湾との非公式な関係も保ち、いかなる現状変更も脅しや力によってもたらされることがあってはならない、という立場を維持していけるのである。

 中国指導部は、台湾を欲するのと同じくらいに自分たちの権力と共産党の政治的独占状態の維持を欲している。台湾を制圧するために好んで行う戦争(注2)はコストが高くつき、自分たちの立場も危うくする。だがもし台湾が独立を宣言する、あるいは米国が台湾を主権国家と認めるといった事態になれば、大陸の人々の多くが台湾侵攻は必要な戦争であると判断することになるだろう。米国の政策の目的は、この前者のシナリオを防ぎながら後者も避けていくことであるべきなのだ。

Copyright: Project Syndicate, 2021.

注釈
(注1)冷戦時代、ソ連と隣接する北欧のフィンランドは自由経済と民主主義体制を保つ一方で北大西洋条約機構(NATO)などの軍事同盟や当時の欧州共同体(EC)には参加せず、ソ連を刺激せずに共存を図る路線を選んだ。米国や西欧ではこの姿勢が「フィンランド化」と呼ばれるようになり、大国の強い影響下に置かれた小国の苦しい立場を表す否定的な言葉として使われるようになった。
(注2)ハース氏は2010年出版の著書“War of necessity: war of choice:a memoir of two Iraq wars”(邦訳未出版)で、イラクのクウェート侵攻を受けて行われた1991年の湾岸戦争が「必然の戦争」であったのに対し、2003年のイラク戦争は「好んで行われた戦争」だったとして後者の開戦に踏み切った米国のブッシュ(子)政権を批判的に論じた。ハース氏は以後もしばしばこのように戦争を分類して、本当に必要なものだったかを評価している。

プロフィル
リチャード・ハース氏( Richard Nathan Haass
 「フォーリン・アフェアーズ」誌を発行する米国の政策研究機関「外交問題評議会」会長。1951年生まれ。ブッシュ(子)政権で国務省政策企画局長、アフガニスタン復興担当大使などを歴任。2003年から現職。


【原文】


The Taiwan Triangle

By Richard Haass  

 The relationship between the United States and China promises to do much to define this era. And what could determine this relationship might well be whether the two countries are able to continue to avoid armed conflict over Taiwan. But with signs that the chances of conflict are growing, the question facing the US and its partners is how to avoid that outcome without sacrificing essential interests.

 Conceptual framing is always critical to foreign policy. This is no exception. There are problems and there are situations. Problems can in principle be solved. Situations can at best be managed. Taiwan is a situation. Attempts to treat it as a solvable problem will not just fail, but most likely result in a conflict that will leave the US, Taiwan, China, and others in the region and the world much worse off. The reason is that there is no possible outcome that would be universally acceptable.

 The good news is that the diplomatic framework that the US and China put in place four decades ago, in which the two sides essentially agreed to disagree over Taiwan, allowed them to avoid conflict and build a productive relationship that helped end the Cold War peacefully and on Western terms. The US and China went on to develop a deep economic relationship. Taiwan, for its part, became one of Asia’s tigers and evolved from a one-party dictatorship into a robust democracy.

 To be sure, US-China relations have deteriorated sharply in recent years, but not because of Taiwan. Here I would point to China’s militarization of the South China Sea, its unfair trade practices, its growing repression at home, and its economic coercion of countries in the region.

 Now, however, there is speculation that Chinese President Xi Jinping is contemplating the use of force to absorb Taiwan in an effort to realize his goal of China’s “rejuvenation” and build his legacy. He may also be trying to shape Taiwan’s politics and strengthen leaders it perceives as being friendlier to the mainland. Whatever Xi’s motives, we have seen increased economic pressure on Taiwan, cyberattacks, attempts to sow disinformation and interfere in its democracy, military flights near the island, the deployment of additional military capabilities along China’s coast near Taiwan, and efforts to keep Taiwan out of international organizations.

 Official US policy has long been to emphasize the principle that if the status quo is to change, it must be done consensually and with the support of the people of Taiwan. The US has also consistently stated it does not support Taiwan’s independence, in an effort to prevent Taiwan from triggering a crisis.

 Some in the US advocate accepting what they see as the inevitability of the mainland’s takeover of Taiwan. But allowing China to coerce or absorb Taiwan would undermine or even end the US alliance system in Asia. Governments would either be inclined to defer to China - an Asian version of Finlandization - or become more autonomous, which could lead to conventional military and even nuclear proliferation. There is also the fact that nearly 24 million people would see their democracy extinguished, while China would be able to project power throughout the Pacific, control key shipping lanes, and dominate Taiwan’s vital semiconductor industry. Any of these outcomes would reduce regional stability, freedom, and prosperity.

 On the other side of the debate are those who believe that Taiwan is a country in all but name and ought to be treated as one. But encouraging or recognizing Taiwan’s independence in the face of mainland opposition would almost certainly result in conflict, a rupture in US-Chinese relations, or both.

 This means continuing to make clear to Taiwan that it must act with caution. Some argue that this gives China too much influence. But a successful foreign policy often requires tough tradeoffs. To avoid the prospect of war and maintain a working relationship with the world’s second-largest economy - a global power in a position to shape outcomes on issues ranging from climate change to world health to nonproliferation - the US does not have a free hand with Taiwan.

 What is needed are policy changes appropriate to dealing with a more capable and assertive China. That includes enhancing US military capabilities in the region, building closer defense integration with Japan and Australia, strengthening Taiwan’s defense capacities most relevant to slowing a Chinese invasion, and coordinating with partners and allies in the region and Europe on economic and military measures that would be taken in response to Chinese aggression.

 Some of this should be communicated to China; the goal should be to reduce uncertainty about America’s intentions and its ability to make good on them, while underscoring to Chinese leaders the economic and military costs of aggression. A declaration by Congress granting the president conditional authority to use military force in response to Chinese aggression against Taiwan should be considered as well. At the same time, US President Joe Biden’s administration should make clear that it is not departing from America’s longstanding one-China policy. Accordingly, it “recognizes the government of the People’s Republic of China as the sole legal government of China,” maintains unofficial relations with Taiwan, and holds that any change must not come about from the threat or use of force.

 As much as China’s leaders want Taiwan, they also want to maintain power and the Communist Party’s political monopoly. A costly war of choice to conquer Taiwan could jeopardize this. But if Taiwan were to declare independence, or the US were to recognize Taiwan as sovereign, many on the mainland would view an invasion of the island as a war of necessity. The goal of US policy should be to deter the former and avoid the latter.

Richard Haass, President of the Council on Foreign Relations, is the author, most recently, of The World: A Brief Introduction (Penguin, 2020).

Copyright: Project Syndicate, 2021.

www.project-syndicate.org

※この論考は調査研究本部が発行する「読売クオータリー」掲載されたものです。読売クオータリーにはほかにも関連記事や注目の論考を多数収載しています。最新号の内容やこれまでに掲載された記事・論考の一覧は こちら にまとめています。
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2719346 0 国際・安全保障 2022/01/31 12:00:00 2022/02/01 18:21:53 2022/02/01 18:21:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT8I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)