【寄稿】ニクソン訪中から50年 米中関係に創造的アプローチを 米外交問題評議会会長 リチャード・ハース

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■1972年のニクソン訪中から50年。米中関係正常化は創造的外交で実現した。ソ連への対抗という共通目的の下、違いを認め合いながら対立を避けた。

■冷戦終結でソ連の脅威がなくなっても、米中間では経済関係の発展が続いた。米側では中国の市場経済化が政治的な自由化につながるとの期待も高まった。

■その期待に反して、 習近平(シージンピン) 国家主席の下で中国社会は抑圧的となり、経済や外交の面でも強硬姿勢を強めた。米中関係は悪化の一途をたどっている。

■米中の協力は気候変動など地球規模の課題解決にも不可欠だ。両国が再び違いを認め合い、共に取り組める分野を見いだす創造的外交が求められている。

翻訳 調査研究本部記者 永田和男 

「世界を変えた一週間」

北京の繁華街・王府井の写真館に貼り出された(左から)周恩来、毛沢東、劉少奇の肖像写真(2022年1月撮影)。毛と周は50年前、米大統領ニクソンを北京に迎えて、共通の脅威であるソ連に対抗する目的で米中関係の正常化に合意した
北京の繁華街・王府井の写真館に貼り出された(左から)周恩来、毛沢東、劉少奇の肖像写真(2022年1月撮影)。毛と周は50年前、米大統領ニクソンを北京に迎えて、共通の脅威であるソ連に対抗する目的で米中関係の正常化に合意した

 米国と中国は今年2月、両国関係にとっての「金婚式」を迎えた。50年前の1972年2月、米国のリチャード・ニクソン大統領とヘンリー・キッシンジャー国家安全保障担当大統領補佐官は、専用機から北京に降り立った。そしてまもなく、中国共産党の毛沢東主席との会見を果たした。この訪問は、ニクソンが「世界を変えた一週間」と呼んだ地政学上の大激震を引き起こした。

迫る参院選 危機乗り越える政策を競え

 歴史的な和解は、中華人民共和国と米国との間の20年にわたる敵対関係を一掃した。それまで中華人民共和国は、多くの米国人に「赤い」あるいは「共産主義の」中国として知られていた。

 両国の対立の根は、中国の内戦時代に遡る。米国は反共の国民党政権の側に立っていたが、この政権は1949年に共産党に敗れ、フォルモサ(台湾)に逃れた。その翌年になると、米国と中国の兵士たちは、朝鮮戦争で戦い、殺し合うようになっていた。

 1960年代末に中ソの緊張が高まったことで、外交の糸口が見えた。ニクソン大統領とキッシンジャー氏は、毛主席、そして外交を主導していた周恩来首相とともに、ソ連を共通の敵とするとの認識で一致した。かつてソ連は中国の後援者だったが、1969年には激しい国境紛争を繰り広げていた。中国は米国に、かつての恩人・ソ連から守ってもらうことを求めていた。一方、ニクソン大統領とキッシンジャー氏は、中国と協約を結ぶことが対ソ連外交でテコになり、ベトナム戦争の早期終結にもつながるかもしれない、と考えたのだ。「敵の敵は味方」の古典的な事例であった。

立場の違いを認め合った「上海コミュニケ」

読売新聞のインタビューに応じるヘンリ-・キッシンジャー元国務長官(2016年12月撮影)。大統領補佐官時代の1971年に中国を電撃訪問し、翌年のニクソン大統領訪中を地ならしした
読売新聞のインタビューに応じるヘンリ-・キッシンジャー元国務長官(2016年12月撮影)。大統領補佐官時代の1971年に中国を電撃訪問し、翌年のニクソン大統領訪中を地ならしした

 だが、たとえ互いの利益が一致したとしても、突破口を開くのは容易ではなかった。米中両政府は、意見の違う多くの点について、解決するのではなく、管理していくことで合意しなければならなかった。注意深い交渉の末に、ニクソン大統領訪中の最後に発表された「上海コミュニケ(共同声明)」は、二つの国の政治システムと外交政策の違いに言及している。

 最も論争の的となる台湾問題について、中国側は、大陸の共産党政権が唯一の合法的政府であり、台湾は中国の省の一つであるという立場を述べた。米国は、創造的外交の最たる例を示すかのように、中国側の立場を確認しても支持はせず、紛争の平和的解決への関心を強調した。

 この時から冷戦終結とソ連崩壊に至るまでの20年間、米中関係を結びつける接着剤は、ソ連に対する共通した反感だった。中国と米国は、急速に発展していた経済的結びつきに、両国関係の新たな土台を見いだした。互いに相手国の市場へのアクセスを求めた。中国は米国の資本と技術にもアクセスすることを望んだ。両国間の貿易額は、1990年の200億ドルから約10年で1200億ドルへと劇的に増加した。

習政権下での米中関係失速

 米中貿易は、中国が2001年に世界貿易機関(WTO)への加盟を果たすと、さらに加速した。加盟を後押ししたのは米国で、中国の市場経済化と自由化を促進したいという狙いがあった。長期的な賭けとしては、米国の期待は当初、理にかなっているように見えた。しかし、過去10年間、習近平国家主席の下で、中国の経済成長における政府の役割は増大した。補助金は増加の一途をたどり、知的財産の盗用も相次いだ。米中の経済関係は一段と不均衡になり、米国の対中貿易赤字は毎年、数千億ドル規模を記録し続けた。

 経済的なつながりが政治的な自由化の呼び水になる、という希望もしぼんでいった。習氏の下、中国は毛時代以降では最も抑圧的な社会になった。香港の民主主義は中央政府によって粉砕され、インターネットも厳格な管理下に置かれた。100万人ものウイグル系住民が、宗教的、文化的なアイデンティティーを消すために、再教育キャンプに送り込まれた。

 加えて、中国は対外面でもずっと攻撃的になった。南シナ海を軍事化し、インドに対して軍隊を投入し、台湾と日本にも軍事力を繰り返し動員して威嚇している。その結果、米国と中国の間では新たな冷戦が不可避であるか、またはすでに始まっていると広く考えられるようになった。米国主導の世界秩序に中国を取り込もうとするすべての努力は思慮のない幻想に過ぎず、強大な力を持つライバルの出現を加速しただけの悪手であった、とまで主張する論者もいる。

 50年前にはソ連に対抗するため米中協力が始まったのに、今や中国とロシアが協力して米国に対抗する時代に変容してしまった。まさに踏んだり蹴ったりである。今年2月に発表された共同声明で、ロシアは新型コロナウイルスの起源を巡る論争、さらには台湾問題で中国を支持した。中国は答礼として、北大西洋条約機構(NATO)の拡大反対に同意した。さらに、ロシアの対ウクライナ政策を後押しするように、他国の内政には干渉しないという、中国の伝統的な外交政策の信条にも言及しなかった。

再び創造的アプローチを

2012年2月、訪米した習近平国家副主席(左)とホワイトハウスで会談に臨むバイデン副大統領(肩書はいずれも当時)(ロイター)
2012年2月、訪米した習近平国家副主席(左)とホワイトハウスで会談に臨むバイデン副大統領(肩書はいずれも当時)(ロイター)

 米中関係の悪化傾向は、世界にとって危険だ。米国と中国が地政学的な対立を深めていくことは、紛争の危機につながるだけでなく、気候変動や感染症対策、サイバーの脅威や核拡散といった地球規模の課題解決に向けた協力を妨げる。

 半世紀前、米国は中ソ分断に向けて、設計と行動の両面で創造的と言える外交政策で対処した。ニクソンの外交革命は冷戦を冷たいままにとどめて熱戦を防いだだけでなく、冷戦を西側に有利な条件で終結させるためにも有益だった。

 中国への門戸が開かれてから50年の節目を祝う最も良い方法は、シャンパンを抜くことではなく、米中を関係回復に導いた際と同じくらい創造的なアプローチを作り上げることだ。まず、再び二つの国の政治・社会システムの違いを認め合う。台湾を巡って合意できない問題は巧みに避け続ける。機微な科学技術分野を除いて、経済的結びつきを維持する。アフガニスタンや北朝鮮といった地域問題での協力を育む。そして、地球規模の問題では一致して取り組んでいく。

 同じく不可欠なのは、次のようなことだ。米国が国内の分断克服に取り組む姿勢を示す。欧州やアジアの同盟国との協力を拡大して、中国の膨張を抑止する。地域の貿易協定に参加する。

 中国指導部との定期的なハイレベル協議は必須だ。目的は中国を変革することではない。それは我々の手に余る。目的は、中国の行動に影響を与えていくことである。外交は国家安全保障の道具の一つである。それは、軍事力を含む他の手段をみだりに使わずに済ませるためにこそ役立てるべきだ。

Copyright: Project Syndicate, 2022.

プロフィル
リチャード・ハース氏( Richard Nathan Haass
 「フォーリン・アフェアーズ」誌を発行する米国の政策研究機関「外交問題評議会」会長。1951年生まれ。ブッシュ(子)政権で国務省政策企画局長、アフガニスタン復興担当大使などを歴任。2003年から現職。




【原文】

America and China’s Unhappy Anniversary

By Richard Haass  

The United States and China are this month marking the golden anniversary of their modern relationship. In February 1972, US President Richard Nixon and his national security adviser, Henry Kissinger, stepped off a plane in Beijing, and shortly afterward met with Communist Party of China Chairman Mao Zedong. Their visit triggered a geopolitical earthquake, what Nixon referred to as “the week that changed the world.”

This historic rapprochement swept away two decades of enmity between the People’s Republic of China-known by most Americans then as Red or Communist China – and the US. The antagonism had its roots in the Chinese civil war, in which the US supported the anti-communist nationalist side, which lost and was forced to flee to Formosa (Taiwan) in 1949. The following year, Chinese and American soldiers started fighting and killing one another in the Korean War.

Rising Sino-Soviet tensions in the late 1960s produced a diplomatic opening. Nixon and Kissinger, along with Mao and Zhou Enlai, China’s premier and leading diplomat, regarded the Soviet Union as a shared adversary. China sought protection against a one-time benefactor with which it had fought a deadly border clash in 1969. Nixon and Kissinger, meanwhile, believed an entente with China would give the US leverage against the Soviets and might hasten the end of the Vietnam War. It was a classic case of my enemy’s enemy being my friend.

Even with this convergence of interests,achieving a breakthrough was not easy. The two governments had to agree to manage, rather than resolve, many of their differences. The carefully negotiated document released at the end of Nixon’s trip, the Shanghai Communique, noted the differences between the two countries’ political systems and foreign policies.

Regarding Taiwan, the most contentious issue, China stated its position that the Communist government on the mainland was China’s sole legal government and that Taiwan was a province of China. In an example of creative diplomacy at its best, the US acknowledged, but did not endorse, the Chinese position and highlighted its interest in a peaceful settlement of the dispute.

Shared animosity toward the Soviet Union was the glue holding together the Sino-American relationship for the next two decades, until the Cold War ended and the Soviet Union collapsed. China and the US then thought they had found a new rationale for their relationship in burgeoning economic ties. Each side wanted access to the other’s market; the Chinese also wanted access to American capital and know-how. Bilateral trade increased dramatically, from roughly $20 billion in 1990 to $120 billion a decade later.

Bilateral trade accelerated further with China’s entry into the World Trade Organization in 2001, which the US backed in the hope it would encourage the emergence of a more market-oriented, liberal China. For a while, this seemed like a reasonable, if long-term, bet. But, over the past decade, under President Xi Jinping, the government’s role in the Chinese economy grew, subsidies increased, and intellectual-property theft continued. The economic relationship grew increasingly one-sided, with the annual US bilateral trade deficit with China consistently running in the hundreds of billions of dollars.

Likewise, hopes that economic engagement would bring about political liberalization proved futile. Under Xi, China has become more repressive than at any time since the Mao era. The central government has crushed democracy in Hong Kong, instituted tight controls over the internet, and forced about one million Uyghurs into re-education camps in an effort to erase their religious and cultural identity.

In addition, China has become much more assertive abroad. It has militarized the South China Sea, used force against India, and repeatedly dispatched its military to threaten Taiwan and Japan. As a result, a new cold war between the US and China is widely assumed to be either inevitable or already underway. Some observers even argue that the entire effort to integrate China into a US-led world order was an ill-advised fantasy, a doomed gambit that accelerated the emergence of a great-power rival.

Adding insult to injury is the reality that what began 50 years ago as Sino-American cooperation against the Soviet Union has morphed into Sino-Russian cooperation against the US. In a recent joint statement, Russia lent support to China’s position regarding the origin of COVID-19, as well as on Taiwan. China returned the favor by opposing further NATO enlargement and, in an additional sop to Russian policy toward Ukraine, failed to reiterate its long-held foreign-policy tenet of non-interference in other countries’ internal affairs.

The deteriorating trend in Sino-American relations is dangerous for the world. The growing geopolitical rivalry between the US and China not only could lead to conflict but also risks precluding cooperation on global challenges ranging from climate change and infectious disease to cyber threats and nuclear proliferation.

A half-century ago, the US responded to the Sino-Soviet split with a foreign policy that was creative in design and execution. Nixon’s diplomatic coup helped to ensure that the Cold War remained cold and ended on terms favorable to the West.

The best way to mark the 50th anniversary of the opening to China is not with champagne but by crafting an equally imaginative approach to help revive the relationship. This would again acknowledge the differences between the two countries’ political and social systems, continue to finesse their disagreement on Taiwan, maintain economic ties other than those involving sensitive technologies, and foster cooperation on regional issues such as Afghanistan and North Korea, in addition to tackling global challenges together.

It is no less essential that the US address its domestic divisions, expand its cooperation with European and Asian allies in order to deter Chinese aggression, and join regional trade pacts. Regular, high-level discussions with Chinese leaders are imperative. The goal should not be to transform China, something beyond our ability, but to influence its behavior. Diplomacy is an instrument of national security that must be used if other instruments, including the military, are not to be overused.

Richard Haass is President of the Council on Foreign Relations.

Copyright: Project Syndicate, 2022.

www.project-syndicate.org

※この論考は調査研究本部が発行する「読売クオータリー」掲載されたものです。読売クオータリーにはほかにも関連記事や注目の論考を多数収載しています。最新号の内容やこれまでに掲載された記事・論考の一覧は こちら にまとめています。
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959334 0 国際・安全保障 2022/04/28 10:00:00 2022/04/28 14:37:33 2022/04/28 14:37:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT8I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)