習近平氏は「テディ・ルーズベルト」になれるのか?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■中国の習近平国家主席は、プーチン露大統領に影響力を持つ。侵攻を止められれば、日露戦争を調停した米大統領ルーズベルトのような名声を得られるかもしれない。

■習政権は侵攻開始以来、ロシア批判には慎重で、明確な態度表明を控えているが、中国国内にもこうした消極的姿勢への疑問の声は存在する。

■調停に成功すれば、中国の評価は高まり、欧州などとの関係改善が期待される。一方で、現状で数少ない同盟国であるロシアへの配慮から、調停には慎重な意見もある。

■中国国内の事情も、調停をしにくくさせる。国家主席3期目を目指す習氏は、党による支配の正当化に向けて国家主義的な姿勢を強めており、ロシアの戦争への支持も下ろしにくい。

国際政治学者 ジョセフ・ナイ 

日露戦争を調停した米大統領

セオドア・ルーズベルトが友人に宛てた書簡の署名部分。書簡は日露戦争中の1905年1月9日付で、戦況の評価などが記されていた。
セオドア・ルーズベルトが友人に宛てた書簡の署名部分。書簡は日露戦争中の1905年1月9日付で、戦況の評価などが記されていた。

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を素早く攻略し、ロシア寄りの政権に取り換えられると考えていたが、間違えた。ずさんな情報のせいか、自身の歴史への妄想のためかはともかく、「窓ガラスをたたき割って分捕る」やり方は、ウクライナの効果的な抵抗に遭って失敗した。

 彼はマリウポリやハルキウ(ハリコフ)などの都市を容赦なく爆撃し、住民を恐怖に陥れ、降伏させる方針に転じた。チェチェン共和国のグローズヌイやシリアのアレッポでもしたようにだ。悲劇的なのは、ウクライナの英雄的な抵抗には、住民の死傷者増加を伴うことだ。

 この悪夢をすぐ終わらせる方法はないか。可能性の一つは、中国の 習近平(シージンピン) 国家主席が「テディ(セオドア)・ルーズベルトになれるチャンス」に気づくことだ。米大統領ルーズベルトは1905年、悲惨な戦いが続いた日露戦争の仲介に乗り出すと、当事者に妥協を強く迫り、調停に成功した。米国の世界的な影響力は増し、ルーズベルトはノーベル平和賞を受賞した。

 トルコ、イスラエル、そしてフランスなどがウクライナとロシアの仲介を試みている。だが、誰も習氏ほどには、プーチン氏への影響力を持っていない。問題は、その力を行使する想像力と勇気が、習氏にあるかどうかだ。

ロシア批判に消極的な習政権

 答えは、今のところノーである。中国は長い間、主権と領土的一体性の原則に関する守護者を自任してきた。ところが、プーチン氏のあからさまな国連憲章違反を受け入れた。国連安全保障理事会で、侵攻非難決議案の採決を棄権した。西側のロシア制裁を批判し、戦争は北大西洋条約機構(NATO)拡大を推進する米国の計画によって起きた、とするロシアのプロパガンダをオウム返しに述べている。NATO各国がウクライナの加盟に賛成ではないのは、ずっと明らかだったにもかかわらずだ。

 中国は、ロシア批判に消極的なため、外交的に傍観者の立場に置かれている。経済と軍事の両面で備えた力に見合う影響力を行使できない。情報統制のため、中国国内でこの戦争はあまり報じられていないが、一部では、今の外交姿勢が中国の国益にとって最適かどうか不安視する声が、公然と上がった。

 北京の政策研究機関理事長である 王輝耀(ワンフイヤオ) 氏は、中国は仲介に乗り出して、プーチン氏に破滅的なウクライナ政策からの「退出路」を与えてやるべきだと提案している。

調停で期待される利益とリスク

今年3月、北京パラリンピックの開会式に臨む習近平氏(左)
今年3月、北京パラリンピックの開会式に臨む習近平氏(左)

 なぜ、ウクライナとロシアを仲介すると中国の利益になるのか。まず、今の中国の立場は、東南アジア諸国に「中国こそ主権の擁護者」だとアピールしてきた主張を台なしにした。同じように重要なのは、この戦争により、欧州における中国のソフトパワーに陰りが出たことだ。中国にとって欧州は、ロシアの5倍以上の額に上る貿易相手だ。

 戦争で、中国の石油と穀物の輸入価格は上昇した。中国が今年も、昨年と同規模の水害に見舞われれば、穀物価格の上昇はさらに顕著となるだろう。

 戦争が長引き、西側の制裁が拡大すれば、二次的制裁が中国に波及する危険もある。プーチン氏に「面目を保てる退出路」を与えることは、制裁の波及や、戦争がもたらす他の危険への対処策になる。

 そうすれば、ロシアの中国依存度は深まり、世界における中国のイメージと立場が向上するかもしれない。習氏のノーベル平和賞受賞さえ考えられる。

 もちろん、中国がそうした動きに出る際は代償が伴う。中国の慎重な外交官たちは、ウクライナの戦争を、純然たる欧州の紛争と見ているだろう。もし、この戦争で欧州、米国、ロシアといった古い大国が軒並み力を失うのなら、中国は一歩引き、紛争の自然鎮火を待つのが得策のはずだ。

 それ以上に、この戦争は地球規模での政治日程を、中国にとって有利に変えつつある。米国は以前のようには、中国に焦点を当てた「アジアへの回帰」を言えなくなっている。

ロシアは数少ない同盟国

 2008年の金融危機以降、中国指導部は米国が衰退期に入ったと判断し、トウ小平が唱えた「 韜光養晦(とうこうようかい) (才能を隠して外に現さない)」という外交姿勢を放棄した。国内では国家主義が台頭した。習氏は、中華人民共和国成立から100年となる2049年までに、地政学的に米国に取って代わる存在になるという希望を表明するようになった。

 習氏の夢の主な障害は、もちろん米国だ。しかし次に挙げられるのは、中国にはロシア以外にこれといった同盟国がないという事実である。

 習氏とプーチン氏は個人的関係を深め、便宜的な同盟にすぎなかった両国の結びつきを強化してきた。ウクライナでの戦争で同盟関係に多少の不都合が生じても、習氏は「パーティーに連れてきてくれた相手と踊る」のが賢明と思っているかもしれない。

 また、テディ・ルーズベルトがしたような行動を起こそうとすれば、おそらく、中国指導部の手に余るほどの想像力と柔軟性の発揮が必要だろう。国内の政治要因も考慮しないといけない。ある中国の友人が最近、私に語った。習氏は今年、国家主席として3期目を目指している。彼にとって最も重要なのは、共産党が国に及ぼす支配と、彼自身が党に及ぼす支配を維持することだという。

国内事情による制約も

 経済成長が鈍化する中、党は支配の正当化に向けて、ますます国家主義への依存を強めている。国営メディアや国家主義的なウェブサイトは、ウクライナは西側の操り人形で、ロシアは米国による中露双方へのいやがらせに立ち向かっている、というプーチン氏の主張を繰り返し報じている。中国がプーチン氏の戦争を支持しているのは、国家主義的な「 戦狼(せんろう) 外交」に沿ったものである。

 しかし、プーチン氏の侵攻が世界政治をひっくり返したのだとしても、底流のパワーバランスを変えはしなかった。事実、米国の立場はこの戦争でいくらか強くなった面もある。NATOと米国の同盟関係は強化された。特にドイツは、過去何十年もなかった国防体制の増強を受け入れた。

 一方、ロシアの軍事大国としての名声は致命的な打撃を受け、経済も弱体化し、ソフトパワーは地に落ちた。中国も、ロシアとの権威主義の同盟を、「東風が西風を圧倒している」証しだとして前面に押し出すことはできなくなった。

 中国はまだ、この流れを変えられる。テディ・ルーズベルトになれるチャンスをつかめばいい。だが、今のところ、それは疑わしく思える。

Copyright: Project Syndicate, 2022.

プロフィル
ジョセフ・ナイ氏( Joseph S. Nye, Jr.
 1937年生まれ。米国防次官補、ハーバード大ケネディスクール学長などを歴任。著書に「国家にモラルはあるか?」など。

【原文】

Why China Won’t Mediate an End to the Ukraine War

By Joseph S. Nye, Jr.

Russian President Vladimir Putin thought he could quickly capture Kyiv and replace Ukraine’s government. Whether he was misled by poor intelligence or by his own fantasies about history, his “smash and grab” failed in the face of effective Ukrainian resistance. He then turned to a brutal bombardment of cities like Mariupol and Kharkiv to terrorize the civilian population into submission - as he had previously done in Grozny and Aleppo. The tragic upshot is that Ukraine’s heroic resistance has been accompanied by increasing civilian suffering.

Is there any way to end this nightmare quickly? One possibility is for Chinese President Xi Jinping to see that he has a “Teddy Roosevelt Moment.” After the brutal war between Russia and Japan in 1905, Roosevelt stepped in to mediate. He pressed hard for the parties to compromise and ultimately prevailed, thereby boosting America’s global influence and winning himself a Nobel Peace Prize.

Turkey, Israel, and France (among others) are attempting to mediate in Russia’s current war, but they do not have nearly as much leverage with Putin as his ally Xi does. The question is whether Xi has the imagination and the courage to use it.

The answer, thus far, is no. While China has long portrayed itself as a defender of the principles of sovereignty and territorial integrity, it has tolerated Putin’s brazen violation of the United Nations Charter. When the UN Security Council voted on a resolution condemning Russia’s invasion, China abstained. China has criticized Western sanctions against Russia and parroted Russian propaganda about the war being caused by America’s own plans to pursue NATO enlargement, even though it had been clear for years that NATO members were not going to vote to admit Ukraine.

China’s unwillingness to criticize Russia has left it sitting on the diplomatic sidelines, unable to wield influence commensurate with its growing economic and military strength. Although Chinese censors limit most news about the war, some in Beijing have openly wondered whether China’s current diplomatic stance best serves its national interests. For example, Wang Huiyao, the president of the Center for China and Globalization in Beijing, has suggested that China should mediate to give Putin an “offramp” from his disastrous Ukraine policy.

Why might this be in China’s interest? For one thing, China’s current position undermines its claim to be a defender of sovereignty, which it uses to appeal to its neighbors in Southeast Asia. Equally important, the war is blunting China’s soft power in Europe, which accounts for five times more of China’s trade than Russia does. The war has also driven up the price of China’s oil and grain imports. Grain prices will become even more salient if China experiences the same degree of severe flooding that it did last year.

As the war drags on and Western sanctions increase, there is also a danger that secondary sanctions will spill over and harm China. Providing Putin with a face-saving offramp could address this and the other dangers the war poses. And it would deepen Russia’s growing dependence on China and boost China’s own global image and standing. Xi might even win a Nobel Peace Prize.

Of course, there would be costs associated with such an initiative. Cautious Chinese diplomats see the war in Ukraine as a decidedly European conflict. If it saps the strength of older powers such as Europe, the United States, and Russia, China can benefit by standing back and letting the conflict burn itself out. Moreover, although the war is weakening an ally (a potential cost), it also has changed the global political agenda in ways that are advantageous to China. No longer can the US talk about a pivot to Asia, where it would focus its attention on China.

After the 2008 financial crisis, Chinese leaders concluded that the US was in decline, and this led them to abandon Deng Xiaoping’s patient and cautious foreign policy. Nationalism has since been rising in the country, and Xi has expressed the hope that China will decisively displace the US geopolitically by 2049 - the centennial of the People’s Republic.

The primary obstacle to Xi’s dream is of course the US, followed by China’s lack of allies other than Russia. Xi and Putin have forged a personal relationship that has reinforced what was previously an alliance of convenience. Even if the war in Ukraine has made that alliance somewhat less convenient, Xi may still feel that it is prudent to “dance with the one who brought you to the party.”

Besides, initiating a Rooseveltian move would probably require more imagination and flexibility than the Chinese leadership is capable of. One also must consider a domestic political element that a Chinese friend recently pointed out to me: With Xi seeking a third presidential term this year, what matters most to him is maintaining the Communist Party’s control of the country and his own control of the party.

As economic growth has slowed, the party has increasingly relied on nationalism to legitimize its rule. That is why Chinese official media and nationalistic websites have repeated Putin’s claims that Ukraine is a puppet of the West, and that Russia is standing up to America’s bullying of both Russia and China. Support for Putin’s war is in keeping with China’s nationalist “wolf warrior diplomacy.”

But while Putin’s invasion has upended world politics, it has not changed the underlying balance of power. If anything, it has slightly strengthened the US position. NATO and America’s alliances have been reinforced, with Germany embracing a far more muscular defense posture than at any time in decades. At the same time, Russia’s reputation as a formidable military power has suffered a serious blow. Its economy is weakened, and its soft power lies in tatters. China can no longer tout the alliance of autocracies as proof that the East wind is prevailing over the West.

China could still change the dynamic by seizing its Teddy Roosevelt opportunity. But I doubt that it will.

Joseph S. Nye, Jr. is a professor at Harvard University and the author, most recently, of Do Morals Matter? Presidents and Foreign Policy from FDR to Trump (Oxford University Press, 2020).

Copyright: Project Syndicate, 2022.

www.project-syndicate.org

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959597 0 国際・安全保障 2022/04/28 14:33:00 2022/05/06 11:20:23 2022/05/06 11:20:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220428-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)