読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米新政権と世界秩序「トランプ後」中東政策の障壁

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■バイデン新政権は、トランプ政権が離脱したイラン核合意を「イランの核を阻止する最良の道」としてその復帰を中東政策の柱と位置づけるが、前途は多難。

■バイデン政権がイランの核合意義務再履行を復帰条件とし、核以外の問題を協議する後続交渉を求めるのに対し、イランは米の無条件復帰、補償を要求。

■イスラエル、スンニ派アラブ諸国はイラン包囲網構築を最優先、関係正常化を進めており、バイデン政権のこれら同盟国説得は難航必至。

■イラン核合意復帰の成否は、米国がなお中東で影響力を持つキープレーヤーかどうかという根源的問題がかかることになりそうだ。

調査研究本部研究員 岡本道郎


※記事全文はこちらでお読みになれます。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1803832 0 読売クオータリー 2021/01/29 10:00:00 2021/04/30 20:04:29 2021/04/30 20:04:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210128-OYT8I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)