読売新聞オンライン

メニュー

本格化する「科学的介護」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■科学的根拠に基づく介護へ向け、政府の介護データベース「LIFE」が4月に稼働。介護報酬にその活用促進策が導入され、「科学的介護」が本格化してきた。

■科学的介護の目標は「自立支援」と「重度化防止」。効率的・効果的で質の高いサービスが、現場の負担軽減や将来的な介護費抑制につながると期待される。

■デジタル技術とデータを駆使して介護に科学を導入する試みは民間企業や研究機関で進む。人工知能(AI)によるケアプラン作成など実用化も始まっている。

■デジタル化が遅れている介護業界だが、今後は常にデジタルデータが求められる。本人の尊厳や満足度にも着目したエビデンスを蓄積し、介護の質を高めたい。

調査研究本部主任研究員 林真奈美 




※記事本文はこちらでお読みになれます(全文をお読みになるには読者会員登録が必要です)。

無断転載・複製を禁じます
2023395 0 読売クオータリー 2021/04/30 10:00:00 2021/04/30 10:00:00 2021/04/30 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT8I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)