追悼・瀬戸内寂聴さん 新聞小説に込めた思い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨秋、99歳で逝った作家の瀬戸内寂聴さんは、毎朝、主要紙すべてに目を通した。視力が衰えても、新聞を読む習慣を大切にし、紙面に連載するエッセーを生きがいとした。連載した「新聞小説」は生涯で14作。一貫して時代と共にあった、その作品群に込められた思いを振り返る。

コロナ後の新・観光戦略論
調査研究本部客員研究員/早稲田大学教授 尾崎真理子  


※記事本文は こちら からお読みになれます。

スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2718697 0 読売クオータリー 2022/01/31 10:00:00 2022/01/31 10:00:00 2022/01/31 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT8I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)