【音声解説つき】ノーベル賞を読み解く「地球温暖化懐疑論に断」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■ノーベル賞は、地球温暖化を予測する気候モデルの正しさを認め、懐疑論に断を下した。

■地球温暖化を巡っては、2007年に平和賞が気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などに、18年に経済学賞が気候変動の経済に与える影響を分析する手法を開発した米経済学者に授与されていたが、物理学賞はさらに踏み込んだ。

■青色発光ダイオード(14年物理学賞)、リチウムイオン電池(19年化学賞)など、地球環境を守る科学技術の開発も高く評価してきた。

■二酸化炭素の排出をゼロにする技術開発は、新たなチャンスでもある。日本の役割と期待は大きい。

調査研究本部主任研究員 杉森純 



※記事本文は こちら からお読みになれます。

コロナ後の新・観光戦略論

読売調研RADIO音声解説

 2021年のノーベル物理学賞は、地球温暖化を予測する気候モデルを開発した米プリンストン大学の真鍋淑郎上席研究員らが受賞しました。今回の受賞に込められた意味や、地球温暖化、日本の研究現場の状況など、さまざまな視点から解説します。

ポッドキャストでいつでも無料でお聴きになれます。 こちら から

スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2711565 0 読売クオータリー 2022/01/31 09:50:00 2022/04/28 19:26:51 2022/04/28 19:26:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT8I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)