地球の時間人間の時間 災害を語り継ぐ大切さ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■日本は、環太平洋火山帯に位置して、世界でも有数の火山国だ。火山の噴火や地震による災害を幾度も経験してきた。

■いつどこで火山が噴火するか、地震が起きるか、正確な予測はできない。地球の内部の様子は詳しくわからず、人間と地球の時間の尺度は大きく違うためだ。

■災害の記憶は年月とともに忘れられがちだ。災害の経験を記録して、教訓を語り継ぐことは、人間と地球の「時間の溝」を埋めることに役立つ。

■災害の物語や言い伝えには、防災の知識を血肉化し、災害時の具体的な行動につなげる力がある。防災意識の向上に生かしたい。

調査研究本部主任研究員 杉森純 

※本文は こちら からお読みになれます。

デジタル遺伝情報は誰のものか?
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959126 0 読売クオータリー 2022/04/28 09:50:00 2022/08/01 16:08:12 2022/08/01 16:08:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)