【ルポ】ウクライナ 最悪の難民危機の現場で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアが2月24日、ウクライナ軍事侵攻を開始した。ロシア侵攻の「うわさ」が現実の悪夢となり、戦況が刻々と悪化する中、ウクライナ国民は何を感じているのか。人口4200万人の国で、1000万人以上が住む場所を追われ、日常生活を失うとはどういうことなのか。2月10日から28日までウクライナの首都キーウと西部の要衝リビウで、その後、隣国ポーランドで第2次大戦以降最悪といわれる難民危機の現状を取材した。

迫る参院選 危機乗り越える政策を競え
読売新聞ローマ特派員 笹子美奈子 


※記事本文は こちら からお読みになれます。

スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959757 0 読売クオータリー 2022/04/28 14:30:00 2022/04/28 14:30:00 2022/04/28 14:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT8I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)