大学のまち・京都 産学融合で新たな地平

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■大学が集積するまち・京都では、各大学がその力を切磋琢磨しながら日本を支える技術や知見を生み出している。

■京都の大学が持つ知見を生かす研究は広範囲に及んでおり、誕生するベンチャー(新興)企業も多い。

■京都市には短期大学を含めて37の大学があり、約15万人の学生がいる。独特の経済圏を形成し、恩恵を受ける企業も多い一方、大学依存へのリスクもある。

■少子化の時代、京都の大学も生き残り問題に直面している。時代を先読みした新学部の創設など、多様な学生に選ばれる大学へ向けた一層の努力が求められる。

大阪本社経済部長 中村宏之 


※本文は読売クオータリー2022年春号でお読み下さい。目次、お申し込みは こちら

デジタル遺伝情報は誰のものか?
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959139 0 読売クオータリー 2022/04/28 09:50:00 2022/04/28 09:50:00 2022/04/28 09:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT8I50128-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)