迫る参院選 危機乗り越える政策を競え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■参院選が今夏行われる。収束の見えないコロナ禍と、ロシアのウクライナ侵攻による国際秩序の危機という、かつてない難題への対応が問われる。

■岸田首相は昨年の衆院選に続く勝利を目指す。コロナ後を見すえ、経済・社会を立て直す必要がある。「新しい資本主義」の具体化を急ぐべきだ。

■ロシアに対する厳しい経済制裁は資源価格の上昇ももたらす。影響を最小限に抑え、その必要性について国民の理解を得るよう努める必要がある。

■共産党を含む野党共闘は行き詰まりをみせている。たもとを分かつ動きもある。野党は国民の期待に応える現実的政策を示すことが求められる。

調査研究本部主任研究員 伊藤徹也 


※本文は こちら からお読みになれます

デジタル遺伝情報は誰のものか?
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959079 0 読売クオータリー 2022/04/28 09:50:00 2022/05/17 17:12:31 2022/05/17 17:12:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)