コロナ禍で深刻化 労働力不足を克服するには

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■少子高齢化で日本は労働力人口の不足という構造的問題に直面している。コロナ後はサービス業など労働集約型産業の人手不足がより深刻になる可能性が高い。

■人生100年時代の到来、経済のグローバル化や脱炭素の動きなど日本社会を取り巻く環境が激変する中、持続可能な労働市場の改革が急務となっている。

■定型化できる作業はデジタルやロボット技術を導入して省力化を図る一方、業務を細分化するなどして、女性やシニア層の労働参加を促す必要がある。

■間が担う労働領域は、人工知能(AI)などが対応できない価値を創造する分野などにシフトしつつ、職業人として自立できる人材育成に注力しなければならない。足元の労務難は、日本人の働き方や労働慣行を見直す好機でもある。

調査研究本部主任研究員 高橋徹 


※本文は読売クオータリー2022年春号でお読み下さい。目次、お申し込みは こちら

デジタル遺伝情報は誰のものか?
スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959111 0 読売クオータリー 2022/04/28 09:50:00 2022/04/28 09:50:00 2022/04/28 09:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYT8I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)