【音声解説つき】戦争犯罪をどう裁くのか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

POINT
■ウクライナ侵攻により、ロシアが国連憲章や国際人道法、国際軍縮条約に違反したことは明白だ。

■バイデン米政権はプーチン露大統領を戦争犯罪人として国際法廷で裁きたい考えで、証拠集めを進めている。

■国際法廷で有罪判決が出ても身柄を拘束できるとは限らず、実効性には疑問もある。

調査研究本部主任研究員 大内佐紀 


※記事本文は こちら からお読みになれます。

迫る参院選 危機乗り越える政策を競え


読売調研RADIO音声解説

 ウクライナ各地からはロシア軍が「学校を空爆した」「民間人を拷問した後銃殺した」といった言語道断な行動が連日のように伝わってくる。これらは明らかに国際法に違反する行為だが、罰することはできるのか。

ポッドキャストでいつでも無料でお聴きになれます。 こちら から

スクラップは会員限定です

使い方
「調査研究」の最新記事一覧
2959022 0 読売クオータリー 2022/04/28 10:00:00 2022/05/17 17:07:01 2022/05/17 17:07:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYT8I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)