読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

2004年度特別賞 殉職外交官へ広がる共感 奥・井ノ上イラク子ども基金

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第11回読売国際協力賞の特別賞が、イラクで殉職した奥克彦大使と井ノ上正盛・一等書記官を記念して設立された「奥・井ノ上イラク子ども基金」に贈られることが決まった。基金は途上国の子どもたちの教育支援を理念に掲げ、準備活動を開始している。

「奥・井ノ上イラク子ども基金」設立について記者会見する代表発起人(左から奥氏の高校ラグビー部後輩の阪本真一さん、清宮克幸・早大ラグビー部監督、奥氏と外務省同期の山田さん(2004年8月30日、東京・港区の日本ラグビー協会で)
「奥・井ノ上イラク子ども基金」設立について記者会見する代表発起人(左から奥氏の高校ラグビー部後輩の阪本真一さん、清宮克幸・早大ラグビー部監督、奥氏と外務省同期の山田さん(2004年8月30日、東京・港区の日本ラグビー協会で)
イラクで人道支援活動に従事していた時の奥大使(左)と井ノ上一等書記官
イラクで人道支援活動に従事していた時の奥大使(左)と井ノ上一等書記官

 「奥・井ノ上イラク子ども基金」は、外交官としてイラク復興支援の任務にあたる中、現地で殉職した奥克彦大使と井ノ上正盛・一等書記官の遺志を受け継ぎ、国の将来を担う子どもたちの支援に貢献しようと、2004年8月、設立された。代表発起人となったのが友人や外務省関係者たち4人。その一人、早大ラグビー部監督・清宮克幸さんは同部で奥大使の後輩にあたる。

 「今回の特別賞は大変な名誉です。基金設立から二か月がたち、募金額が700万円に達したところですが、受賞をきっかけに、広く基金のことが知られ、一般市民から募金が寄せられることを期待しています」

 発起人を代表して受賞の喜びを話す清宮さんの表情には、意義ある支援活動を展開していこうという決意がにじむ。

 基金設立にあたって財界やマスコミ、教育界から企業トップや大学学長など53人が発起人に名を連ねてくれた。イラク再建に日本が果たせる役割と場を求めて活動中、殉職した2人の外交官に対する賛辞と共感の広がりを示している。

 基金はイラクを中心に途上国の恵まれない子どもたちの教育支援と、奥、井ノ上両氏のような国際社会に貢献できる日本人の人材養成プログラム援助を設立趣旨に掲げる。しかし、現実のイラクでは治安がなかなか安定せず、厳しい状況が続いている。

 清宮さんは「ラガーマン(ラグビー選手)だった奥大使にちなみ、子どもたちのスポーツ施設、たとえばサッカー場整備を手始めに具体的援助に入っていきたい」と抱負を話す。

募金箱を手に「奥・井ノ上イラク子ども基金」をアピールする早大OBでトップリーグ、NECの辻高志選手(右、2004年9月、東京・秩父宮ラグビー場で)
募金箱を手に「奥・井ノ上イラク子ども基金」をアピールする早大OBでトップリーグ、NECの辻高志選手(右、2004年9月、東京・秩父宮ラグビー場で)

 そのためにも、地道な募金活動を欠かせない。9月20日、東京・秩父宮ラグビー場で早大と英国オックスフォード大学のラグビー友好試合が実施された際、会場で募金の呼びかけが行われた。来日したオックスフォード大学ラグビー部は奥大使が外務省入省後に留学中、所属して活躍したクラブ。試合も奥大使メモリアル・マッチとなった。

 イラクで活動中の奥大使が、外務省ホームページに寄せた「イラク便り」をまとめた遺著には、アラビア語専門の井ノ上書記官と各地の学校や養護施設を訪ね歩く様子が描かれている。設備破壊や略奪にあった小学校を訪れた後、奥大使は「でも救いはあります。それは子どもたちの輝く目です」と書き残した。基金が目指すのも、そんな子どもたちの目から輝きを失わせないことにある。

(2004年10月22日朝刊) 

授賞式であいさつする代表発起人・清宮克幸さん(早稲田大学ラグビー部監督)
授賞式であいさつする代表発起人・清宮克幸さん(早稲田大学ラグビー部監督)

 第11回読売国際協力賞の授賞式が10月29日夜、東京・内幸町の帝国ホテルで行われ、特別賞の「奥・井ノ上イラク子ども基金」に、滝鼻卓雄・読売新聞東京本社代表取締役社長から賞状と副賞300万円が贈られた。

 「奥・井ノ上イラク子ども基金」は、イラク復興支援活動中に殉職した奥克彦大使と井ノ上正盛・一等書記官を記念して設立され、途上国の教育支援のための準備活動を進めている。授賞式で奥・井ノ上イラク子ども基金の代表発起人・清宮克幸さんは「発足2か月。今後の活動への期待ということで賞を受け取り、2人のような人材を育てる講座を始めたい」と決意を述べた。

(2004年10月30日朝刊) 





■選考委員 (敬称略)
浅尾新一郎(国際交流基金顧問)=座長
中川幸次(世界平和研究所副会長)
長尾立子(全国社会福祉協議会会長)
佐藤行雄(日本国際問題研究所理事長)
水上健也(読売新聞グループ本社議長)

無断転載・複製を禁じます
2049218 0 読売国際協力賞 2020/10/16 11:00:00 2020/10/16 11:00:00 2020/10/16 11:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)