読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

2004年度(第5回)古田博司氏『東アジア・イデオロギーを超えて』(新書館)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東アジアの根深い反日

 昨年秋から10か月ほど在外研究でハワイ大学朝鮮研究所にいた。今はもう同大を去った北朝鮮研究の碩学(せきがく)、徐大粛教授がこう語っていたのを思い出す。

 「日本はいいねえ、いろいろな思想がある。いい思想も悪い思想も、とにかくたくさんあるのがいい。韓国や北朝鮮なんか反日思想くらいしかないんだ」

 徐教授は、東アジアの反日思想が今の国民国家形成にもかかわっていると見た。また、中国の「中華思想」が、北朝鮮、韓国にも受け継がれて、しぶとく残っていることを嫌っていた。

反日トライアングル

 東アジア諸国のナショナリズムの意識構造は、古層の中華思想を原型にして、その上に新層の国家主義や民族主義が重ねられていると見ることができる。中国の中華思想は、そのリアクションとして周辺諸国にも分有された。新層は「反日」をきっかけに、古層の夷狄(いてき)(野蛮人)である日本への憎悪を常にかきたてるという構造になっている。

 いわば、中国、韓国、北朝鮮の「反日のトライアングル」ができあがっている。

 なのに今、日本では東アジアとの関係を「東アジア共同体」などの言い方で模索しようという動きがある。

 日本人は頭の中でアジアとつながっている。アジアと連帯したいと。

 しかし、切り離すべきだというのが私の論だ。アジア主義はもうやめようと。

 日本は仲間外れになりたくないと思っているが、反日を国是にしているとも言えるこの三国の内側の論理をもっと考えたほうがいい。今回、サッカー・アジア杯の中国「反日」騒擾(そうじょう)事件で、我々が見たあの人民の狂態ぶりと中国政府の我関せずの態度を肝に銘ずるべきだろう。

 日本の彼らに対する贖罪(しょくざい)がこの地域の和解と協調に貢献する、という従来の論理では、この問題をとても乗り越えられない。

 「東アジア共同体」は安手の幻想ではないだろうか。彼らのナショナリズムが生々しいうちは、密着すると日本は被害を被るだけであり、外交は等距離で中庸を保つべきだと思う。

日朝正常化は疑問

 中でも、北朝鮮との間での国交正常化交渉は決して急ぐべきではない。

 北朝鮮は今日、独裁、マインドコントロール、排他主義と攻撃性などまさにカルト集団の特徴を明りょうに示しているといえる。

 私は2002年春に北朝鮮北部の清津などの都市、農村を訪れたが、山が崩れ、泥で河床が上がって、国土は荒廃しきっていた。これが全国に広がっていると思えば、インフラ整備には莫大(ばくだい)なカネがかかるのは明らかだ。ドブに円を捨てる覚悟がない限り、近づくべきではないと思う。

 すでに北朝鮮の計画経済は破たんしている。地方都市ではドル、円とともに中国の人民元も流通していた。ヤミ経済に支えられているのが実態だと言える。

 また、核兵器、ミサイル、拉致のカードを使って日本などから食糧を引き出しては、「軍民一致」として、軍に流している。それに、武器売買や麻薬取引など、どんな側面から見てもこの国が、国交正常化の相手にふさわしくないのは明らかだ。

 2002年9月の小泉首相の初訪朝も「真に非凡な知略と抜きんでた外交手腕で、歳月を越えて長い間解決が難しかった朝日関係問題に転換的局面を開かれた我々の将軍様こそ、世界政治を一手につかみ、あやつり翻弄(ほんろう)する偉大な領導者」(北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」)としていた。拉致については一言もなかった。彼らにとっては小泉訪朝は「朝貢」に過ぎないことを知るべきだ。

権力の継承

 金正日総書記は、1980年代後半から金日成主席を脳髄と見立て、党を中枢神経、人民を細胞とする「有機体国家論」を展開した。これは、日本の国体思想のようなもので、金日成を神格化することにより、九四年の金日成死去後、権力の継承に成功した。自ら「強盛大国」と称して軍国主義化を強め、世界の共産主義の中心というシナリオを描いた。これは、まさに中華思想であり、相当無理なことをして体制を維持している。

 私は、もう三代目への権力継承は困難と見ている。

 金正日総書記が権力を継承するつもりならば、今よりさらに体制を盤石にしておく必要があるだろう。それならば、核を自ら廃棄することは、決してないと考えられる。(聞き手・飯田政之)

 中華思想 中国に関する日本の学界の用語。自分たちを世界の中心地で文化の優越した国だととらえ、周囲の国や民族を夷狄としてあなどり、さげすむ考え方のことを指す。中国古代の儒教の「礼」(礼儀作法)を中核とした上下関係の文化論が、その根幹にある。

(2004年8月20日朝刊)

古田 博司氏 (ふるた・ひろし) 1953年横浜市生まれ。筑波大学人文社会科学研究科教授。1976年慶応義塾大学文学部卒業。同大学院文学研究科史学専攻東洋史修士課程修了。韓国ソウル大学大学院留学、筑波大学社会科学系助教授などを経て現職(六月末まで米ハワイ大学朝鮮研究所客員研究員)。法学博士。専攻は東アジア政治思想。著書に『朝鮮民族を読み解く』『悲しみに笑う韓国人』『東アジアの思想風景』(サントリー学芸賞受賞)など。

原点には東洋的な文人趣味

 「ここハワイで受賞の知らせを受けました。一瞬、何の話かと思いましたね」

 ハワイ大での在外研究のため、昨秋からホノルルに単身赴任中。常夏の島でのんびり過ごしているところに届いた朗報は驚きだった。だが、今はその意味を自分なりに受け止めている。「反骨ぶりを評価していただけたのかな」

 受賞作『東アジア・イデオロギーを超えて』(新書館)は、聞こえがいい「アジア連帯論」に冷水を浴びせる意欲作。東アジア諸国はそれぞれ独善的な「中華思想」の伝統を継ぐから、北朝鮮のように理不尽なふるまいに及ぶ国もある、と論じた。

 「日本は東アジアに贖罪(しょくざい)していればいいのか。長く続いたこの構図はもう変えなければ」

 横浜の生家近くに色街があったせいか、原点には「東洋的な文人趣味」がある。中学生で永井荷風を愛読。高校では「文人には漢籍の素養が要る」と、中国の古典から魯迅まで読みあさった。研究者を志したのは「好きな本を好きなだけ読める学者こそ、現代の文人だと思ったから」

 最終的には朝鮮史を専攻。「好きなことだけやる」性格から、大学に職を得るのは三十代半ばと遅れた。だが、現実の政治も射程に入れた思想史研究は今、開花の時を迎えたようだ。

 「文人」のならいで、お酒は大好き。七月には、在外研究を終えてハワイから帰国する。友人たちと祝杯をあげる日を楽しみにしている。(文化部 時田英之)

(2004年6月10日朝刊)

受賞する古田氏(左)
受賞する古田氏(左)

 第5回「読売・吉野作造賞」の贈賞式が東京・丸の内のパレスホテルで行われ、『東アジア・イデオロギーを超えて』(新書館)を著した筑波大学教授の古田博司氏(50)に、正賞の文箱と副賞300万円が贈られた。

 式には言論界、経済界などから約200人が出席、水上健也・読売新聞グループ本社議長が「この賞が日本の論壇にあってさらなる伝統を築いていけるよう、今後ともご支援をお願いしたい」とあいさつ。

 選考委員会座長の宮崎勇氏は「東アジアに共通する精神的文化とは何かを考える上で、受賞作は示唆に富んでいる。今後も探究を進めていただきたい」と祝辞を述べた。

 古田氏は「これからは外来の論理でなく、東アジアの内なる論理から自分たちをとらえ直すべき時代になるのでは。こうした主張を込めた作品に賞をいただけたことを深く感謝したい」と喜びを語った。

(2004年7月15日朝刊)

選評:東アジア連帯考える視点提示

 第5回「読売・吉野作造賞」は、古田博司氏の『東アジア・イデオロギーを超えて』に決定した。

 日本で高度成長が続き、アジアでNIES(新興工業国・地域群)の興隆が始まったころ、それは「儒教文化圏」の経済的側面の表れだという見方が広がった。しかし、その見方は何となく影が薄くなった。

 それはなぜか。古田氏は東アジアの「包括性」は儒教そのものでなく、儒教を副次的要素とする「中華思想の分有である」という。氏は中国、韓国、北朝鮮、ベトナム、日本の儒教の受容ぶりは多様であり、その上でそれぞれが自国(自民族)を世界の中心(盟主)であると考え、周辺地域に対して「優越感」を持つという「中華思想を分有」していた。そのことがこの地域の「連帯性」の阻害要因になっていた、と指摘する。今日的意義のある主張である。

 いま米国の単独主義、欧州統合の拡大と深化、さらにはプーチン・ロシアの大国志向の中で、東アジアの明日が注目されている。そして、市場経済の国際化の下で日本、中国、韓国の経済協調と連帯がどうなるかが問われている。日朝の国交正常化問題もある。古田論文はそれらに具体的には答えていないが、問題に取り組むに当たっての基本的視点を示唆している。しかも、それは歴史的実証的に、そして氏が「尊崇する文学」性をもって書かれている。労作である。(選考委員会座長・宮崎勇)

(2004年6月10日朝刊)

■選考委員 (敬称略)
宮崎勇(大和総研名誉顧問)=座長
三浦朱門(作家)
木村尚三郎(東京大学名誉教授)
山崎正和(劇作家)
猪木武徳(国際日本文化研究センター教授)
北岡伸一(国連大使)=欠席、書面にて参加
滝鼻卓雄(読売新聞東京本社社長・編集主幹)

無断転載・複製を禁じます
1951839 0 読売・吉野作造賞 2020/10/12 12:00:00 2020/10/12 12:00:00 2020/10/12 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210331-OYT8I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)