文字サイズ

    県人会まつり9月12、13日

    総会開催 観光大使登場の新企画も

    • あいさつする日高代表幹事
      あいさつする日高代表幹事

     東海地方で活動する38道県人会で組織する全国県人会東海地区連絡協議会の第38回総会が15日、名古屋市中区の名古屋国際ホテルで開かれた。総会では、協議会の予算案や新役員が承認されたほか、今年の「ふるさと全国県人会まつり」を9月12、13日に同区の久屋大通公園で開催することが報告された。

     総会には、各道県人会の会長や役員、協議会の事務局を務める読売新聞中部支社の植松実支社長、来賓の川島毅・県県民生活部長ら約80人が出席した。

     総会の冒頭、協議会の日高正行代表幹事が「今年は地方創生が言われる年。県人会まつりは特産品を売るにとどまらず、ふるさとをいかに手助けしていくかが重要」とあいさつした。

     今年の「ふるさと全国県人会まつり」は「元気発信!ふるさとのチカラ」をテーマに、昨年より一つ多い95ブースが出店され、郷土芸能や特産品販売が行われる。会場内では、全国のゆるキャラが集まるほか、「郷土あいもりあげ隊」に就任予定の地元アイドルグループ「OS☆U」がメインステージで3年連続となるパフォーマンスを行う。また、新企画として各県人会などから選ばれた観光大使が「お国ことば」で地域の魅力をアピールするイベントが行われる。

    2015年07月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    読者・投稿