文字サイズ

    森をみる

     国土の6割強を森林が占めながら、2割余の自給率、木材価格の下落など、日本の林業は低迷から抜け出せない。放置されたままの森林も多い。林業の再生は森の現状を知ることから始まる。森の中へ入って、あるいは木材の消費地から、様々な視角や視点で東海地方の森を眺める。(千田龍彦)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    おすすめ
    読者・投稿