<速報> リニア談合、大林組に罰金2億円判決…清水建設には1・8億円
     
    
    文字サイズ

    納屋橋物語

     名古屋市中心部のメインストリート・広小路通と、堀川が交差する納屋橋地区は、「広ブラ」という言葉に象徴されるように、散策を楽しめる街だった。周辺では現在、高層マンションやホテルが建設ラッシュを迎え、四半世紀を経て完成した再開発地区「テラッセ納屋橋」には7月18日、読売新聞中部支社が移転する。再び輝きを取り戻し、魅力あふれる街づくりが進められている納屋橋の「今」を追い、歴史をたどる。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    おすすめ
    読者・投稿