文字サイズ

    90歳入所者殴る 容疑で職員逮捕

     介護施設の入所者にけがを負わせたとして、愛知県警天白署は11日、名古屋市守山区元郷、介護職員南里なんり裕也容疑者(42)を傷害容疑で逮捕した。

     発表によると、南里容疑者は8月22日午後8時30分頃、同市天白区の介護施設「ファミリア元八事」で、入所者の無職女性(90)の顔を手で複数回殴り、顔面や首に全治2週間のけがを負わせた疑い。調べに対し、「殴った覚えはありません」と容疑を否認しているという。施設が翌23日、「女性が転倒して顔を打った」と女性の親族に連絡。しかし、女性が「職員に殴られた」と説明したことから、親族が同署に被害を届け出た。

     施設を運営する医療法人「悠山会」は同月25日から南里容疑者を出勤停止としている。

    2018年09月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    おすすめ
    読者・投稿