2年ぶり対面開催…変わったもの、変わらないもの[ダボス・ウォッチ]

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

長谷川由紀

初夏のダボス。暑いくらいの陽気で冬に訪れた時の雰囲気を感じさせない
初夏のダボス。暑いくらいの陽気で冬に訪れた時の雰囲気を感じさせない

 草原の緑と青い空がまぶしい。
 雪のないダボスに来るのは初めてだ。

東日本大震災をきっかけに誕生、「ウニの経済」がキラリ存在感[ダボス・ウォッチ]

 例年1月にスイス東部ダボスで開かれてきた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)は今年、異例の5月開催となった。新型コロナウイルスの影響で、対面で総会が開かれるのは50周年を記念した2020年1月以来、約2年ぶり。今年も当初、1月に開催される予定だったが、感染拡大で5月に延期された。

ウクライナ情勢、コロナ対策

会場内に設けられたコロナウイルスの検査施設
会場内に設けられたコロナウイルスの検査施設

 対面で再開といっても、コロナ前に戻ったわけではない。
 世界の政財界トップが集まるダボス会議はもともと高度な警備態勢が敷かれてきたが、今回はコロナ対策が加わった。スイスはコロナによる制限を撤廃しているが、会議参加者はワクチン接種証明や直前の陰性証明が必要だ。ウクライナ情勢を受け、ロシア上空を回避する日本からのルートは時間がかかる。仙台から東京までの移動もあるため、万が一を考えて、ぎりぎりに検査を受けた。ひやひやものだ。
 受け付け後もさらに会場で検査を受け、陽性なら会場内に入れなくなる。会場内には無料の検査施設が設けられ、マスクや検査キットも配布されるなど様々な対策が講じられている。

 今回の参加人数は約2500人、期間中開かれるセッションも300を超える。規模は従来に近いが、前回のような展示などはあまりない。ダボスの目抜き通りに設置される参加企業のパビリオンなども、かつてのにぎわいはなく、関連イベントも限られている。少々寂しい気もする。

「実際に会ってこそ」の熱気

多くの人が集まった歓迎レセプション
多くの人が集まった歓迎レセプション

 ただ、参加者の交流意欲は変わらない。むしろ、これまで以上に熱気があるかもしれない。
 「オンラインでは伝わらない」「無駄話も重要なコミュニケーション」「実際に会ってこそわかりあえる」と、合言葉のようにあちこちで聞く。どこでも「待ちかねた」というエネルギーを感じる。22日夜に開かれた歓迎レセプションは多くの人であふれかえった。セッションの合間の交流も盛んだ。

 いやいや、人のことばかりじゃない。自分もそうじゃないか。これまでも参加者との交流や話を楽しんできたが、今回は「このときを逃したくない」という気持ちが強い。コロナやウクライナ情勢など先行きが不透明なことも影響しているのか?もっといろいろ話したい、つながりたい……ああ、もっと名刺をたくさん持ってくるんだった。

プロフィル
長谷川 由紀( はせがわ・ゆき
 東北統括本部長。1989年入社。マニラ、ジュネーブ、カイロなどで特派員を務めた。読売新聞発行の英字新聞The Japan News編集長、部長を経て編集局次長・読売新聞オンライン編集長。2020年6月から現職。ダボス会議のリアル参加は19、20年に続いて3回目。
スクラップは会員限定です

使い方
3025672 0 コラム 2022/05/24 11:30:00 2022/05/24 11:54:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)