ウクライナ侵攻の影、様変わりした「協調、対話、包摂」の精神[ダボス・ウォッチ]

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

長谷川由紀

 「ロシアに勝利するには、もっと武器や資金が必要だ」「より強力な制裁を」
 ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナ。スイス東部ダボスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にはウクライナの閣僚や記者、活動家らが多く参加している。メディア向けイベントや公式セッションなど戦況や現地情勢、支援を訴える機会が設けられ、大きな関心と共感を集めている。

ウクライナ軍が黒海の島「奪還」、ロシア側も撤収認める…穀物輸送拠点オデーサの沖合
メディア向けのイベントで語るウクライナの閣僚ら
メディア向けのイベントで語るウクライナの閣僚ら

ゼレンスキー大統領のオンライン演説に大きな拍手

ゼレンスキー大統領の演説が終わった後に立ち上がり、拍手を送る聴衆
ゼレンスキー大統領の演説が終わった後に立ち上がり、拍手を送る聴衆

 ハイライトは実質的な会合が始まった5月23日に行われたウォロディミル・ゼレンスキー大統領によるオンラインのライブ演説だ。会場は演説を聴こうという人が早くから大勢詰めかけた。大統領を紹介する世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブ氏がロシアによる「不当な攻撃」に言及すると、会場からは「その通り!」という声が上がり、大統領が画面に登場すると、立ち上がって迎える人も。

 「ロシアには最大限の制裁が必要だ」「国家再建に協力してほしい」。演説はこれまでよりも抑え気味の印象だったが、終わった瞬間、多くの参加者が立ち上がってスクリーンに映ったゼレンスキー大統領に大きな拍手を送った。こんな光景は初めて見たかも。近くにいたアフリカから来た女性は「すばらしい。影響力のある人が集まるダボスでこういう場を設けたのは良い。参加したかいがあった」と絶賛した。

ロシアの参加認めず、「中立」から一歩踏み出す

例年、ロシアがPRに使っていた建物は、ロシア軍事侵攻の実情を伝える「ロシア戦争犯罪館」になっている
例年、ロシアがPRに使っていた建物は、ロシア軍事侵攻の実情を伝える「ロシア戦争犯罪館」になっている

 世界経済フォーラムは今回の総会で、政治家、財界関係者を含めてロシアからの参加を認めていない。シュワブ氏やボルゲ・ブレンデ総裁ら世界経済フォーラムの幹部は、ロシアの行為を繰り返し批判している。ダボス会議に関わってきた人は「これまでの中立的な姿勢に比べて立場を明確にしている」という。

 そう、これまで参加したダボス会議では、気候変動や貧困など世界が直面する課題に対して、国際社会の協調や対話、包摂などの重要性が強調されてきた印象が強かった。だから個人的には、この変化に少々、戸惑いと不安も感じる。未曽有のコロナ禍、ロシアによるウクライナ侵攻などかつてない事態の中で開かれた今回の会議で繰り返し協調されるテーマは「歴史の転換点」だ。その通りだろう。誰にとっても。不安はたぶん、その先に何があるのか、まだ見えないから……。

プロフィル
長谷川 由紀( はせがわ・ゆき
 東北統括本部長。1989年入社。マニラ、ジュネーブ、カイロなどで特派員を務めた。読売新聞発行の英字新聞The Japan News編集長、部長を経て編集局次長・読売新聞オンライン編集長。2020年6月から現職。ダボス会議のリアル参加は19、20年に続いて3回目。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
3027119 0 コラム 2022/05/25 10:00:00 2022/05/25 10:23:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT8I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)