たまには思い出したいバキュームカー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

瀬戸内海の離島で遭遇

 遠出をしなくなって久しい。

社会面トップを飾った「無法バキュームカー」の写真=1967年(昭和42年)5月27日朝刊
社会面トップを飾った「無法バキュームカー」の写真=1967年(昭和42年)5月27日朝刊

 日本中、いや世界中が似たような状況だと思うけれど、ここ数か月、筆者も外出を極力減らしている。自宅から徒歩圏内か、職場との往復がほとんどで、ゴールデンウィークも出勤日以外は自宅にこもりきりだった。最後に首都圏を離れたのは昨年の12月、夕刊「旅」欄の取材で山口県に行った時だから、もう半年も前になる。

 その出張で訪れた瀬戸内海の離島で、懐かしいものに遭遇した。バキュームカーだ。約240世帯の小さな島の衛生を、今も、この車が守っている。稼働時に発する独特の臭いは、子供の頃の記憶と変わらなかった。都心で暮らしていると、遭遇することはまずないけれど。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1271914 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/06/12 10:00:00 2020/06/30 15:10:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200610-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ