読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アポロ11号の後に、月に行った人々

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 <日本人 月へ>

 連日、新型コロナか豪雨災害の記事で埋まっていた紙面に、雰囲気の違う見出しが躍った。7月10日の夕刊1面だ。文部科学省と米航空宇宙局(NASA)が月探査協力に関する共同宣言をまとめ、2020年代後半にも日本人の宇宙飛行士が月に行く可能性が高まったという。

 月といえば事業家・前沢友作さんの月旅行計画が話題になったけれど、そちらは周回飛行。NASAの「アルテミス計画」では、人類が再び月に降り立つ。

霞が関ビルの壁面いっぱいに「祝アポロ」の電光文字がともった=1969年(昭和44年)7月22日朝刊
霞が関ビルの壁面いっぱいに「祝アポロ」の電光文字がともった=1969年(昭和44年)7月22日朝刊

語り継がれる偉業

 かつて人類が月に降り立ったことは、大抵の人が知っている。1969年(昭和44年)にアポロ11号が成し遂げた偉業は、繰り返し語り継がれてきた。2018年(平成30年)にも、初めて月に降り立ったニール・アームストロング船長を主人公にした映画「ファースト・マン」がアメリカで作られたばかりだ。他の2人の乗組員、すなわち、ともに月面を歩いたバズ・オルドリン、その間、司令船で月の上を周回していたマイケル・コリンズの名もよく知られている。

 では、彼らの次に月へ行った人物の名はご存じだろうか?

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1360611 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/07/24 10:00:00 2020/07/24 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200722-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)