クーラーなき時代、涙ぐましい<避暑法>の数々

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 どうやらピークは越えたものの、まだまだ予断を許さない。
 新型コロナではなく、暑さの話だ。
 8月は歴史的な猛暑だったという。9月に入って雨が続くけれど、週間予報を見ると、まだ当分は30度を超える日が続くようだ。
 筆者はあまりクーラーが好きではないけれど、夜中にも30度近い高温が続いた先月は、さすがにクーラーなしでは寝られなかった。

屋外の水道栓ひねり水浴び、警察署で拘留

 1901年(明治34年)7月29日の読売新聞朝刊に、<往来中で滝を(あび)る>という短い記事が載っている。東京の芝に住む人力車夫が<暑くて寝られないと言て表へ飛び出し水道栓をひねつて滝を浴て居たのを巡査に見つけられ七日の拘留に処せられ警察署で(とん)だ納涼をする事になつた>という。
 当時は、ヒートアイランド現象が進んだ今の東京ほどの高温ではなかったはずだけれども、それでもやはり暑さは耐えがたかったようだ。

ひたすら「我慢」、戦前の働く女性たち

 冷房のない時代、人々はどうやって暑さをしのいでいたのだろう。
 戦前の婦人面では、夏になるとしばしば暑さ対策に関する連載をしていた。30年(昭和5年)には<彼女は誇る プロの(しょう)夏法>と題して、働く女性たちが、いかにして暑さをしのいでいるかをイラストと談話で紹介していた。綿工場、映画館のテケツ(チケット)売り場、看護師、ガソリンスタンド店員、劇場の踊り子など、まとめて眺めると職業図鑑的な味わいもある。

「プロレタリア(労働者)の夏。あるものは百度の炎熱、流れる汗、そして労働。表にいてさえ辛(つら)いのを、その上に蒸気と熱湯とにむされてたまるものか」。読むだけで熱気で息苦しくなる=1930年(昭和5年)7月22日朝刊
「プロレタリア(労働者)の夏。あるものは百度の炎熱、流れる汗、そして労働。表にいてさえ辛(つら)いのを、その上に蒸気と熱湯とにむされてたまるものか」。読むだけで熱気で息苦しくなる=1930年(昭和5年)7月22日朝刊

 7月22日は牛乳瓶を熱湯で洗浄する工場で働く女性が登場し、<むされにむされて、たまらなくなつて、グーッとのむあの水のおいしさ、この味だけはたとへどんなにお金をつんだとて、私たちでなければ知らない味でせう>と語っている。これでは消夏法というよりも、ただ暑さに耐えているだけだ。どの回を読んでも、我慢大会の感がある。ユーモラスな文章の陰に、当時の過酷な労働環境がうかがえる。

残り:2484文字/全文:3253文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1452756 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/09/04 10:00:00 2020/09/04 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200903-OYT8I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ