ハロウィーンのコスプレ群衆はなぜ渋谷に集うのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 コンビニの棚にパンプキン味のスイーツが増えると、今年もハロウィーンが近いのだなと感じる。もっとも、今年はコロナ感染拡大防止のため、原宿、川崎、池袋など首都圏の大規模なハロウィーンイベントは軒並み中止、一部はオンライン開催となるようだ。

「漫画の中のアメリカの行事」だった

JRが臨時列車「ハロウィーン・エクスプレス号」を走らせた。車内は、思い思いに仮装した乗客たちで大にぎわい(東京・新宿駅で)=1989年(平成元年)10月29日
JRが臨時列車「ハロウィーン・エクスプレス号」を走らせた。車内は、思い思いに仮装した乗客たちで大にぎわい(東京・新宿駅で)=1989年(平成元年)10月29日

 筆者がハロウィーンというものを知ったのは1970年代なかば、中学生になる手前の頃に読んだスヌーピーの漫画による。正式な名は「ピーナッツ」、アメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツがビーグル犬スヌーピー、その飼い主チャーリー・ブラウンら子供たちの日常の哀歓を、約半世紀にわたって描き続けた。日本では当時、詩人の谷川俊太郎さんの翻訳でペーパーバック・サイズの単行本が刊行されていた。

 新聞漫画なので年中行事がしばしば登場する。10月末にはハロウィーンをテーマにした漫画が描かれ、ライナスという少年が、なぜかハロウィーンの夜に「カボチャ大王」が降臨すると信じて待ち続ける(けれど結局来ない)という設定もあった。

 当時、筆者の周辺にハロウィーンの催しはなく、あくまで漫画の中のアメリカの行事という認識だった。

 1979年(昭和54年)にはジョン・カーペンター監督のホラー映画「ハロウィン」がヒットし、人気シリーズとなった。スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット作「E.T.」(82年公開)も、物語のクライマックスはハロウィーンの夜。映画や漫画でハロウィーンを知った人は多いかもしれない。

米軍関係者がやっていた

昭和初期、ハロウィーン行事が行われたことを報じる記事=1927年(昭和2年)10月18日朝刊
昭和初期、ハロウィーン行事が行われたことを報じる記事=1927年(昭和2年)10月18日朝刊

 読売新聞の記事データベースで「ハロウィン」または「ハロウィーン」を検索してヒットする最も古い記事は1927年(昭和2年)10月18日朝刊の<若き人たちが集って多摩河畔の祈り ハロウインに小学生も招く>だ。立教大学キリスト教青年会の若者たちが調布市で修養会を開くという記事の中に<万聖節の前の三十一日のハロウイン日には調布小学校生徒を招いて童話会を開く>とある。純然たるキリスト教の宗教行事である。

 その後は、大きく飛んで70年代、海外事情の紹介記事で、しばしばハロウィーンが取り上げられた。

日本のハロウィーン事情を詳しく報じた神奈川県版の記事=1989年(平成元年)10月21日朝刊
日本のハロウィーン事情を詳しく報じた神奈川県版の記事=1989年(平成元年)10月21日朝刊

 国内行事としては、89年(平成元年)10月21日朝刊の神奈川県版に掲載された<仮装遊び「ハロウィーン 本牧に復活>に日本のハロウィーン事情が記されていて興味深い。

 <本牧でも、昭和三十年代から同五十七年の接収解除までは、毎年、「横浜海浜住宅地区」で開催され、地元民と米軍人の交流の場として親しまれてきた。

 地元の子供たちは、アメリカの子供たちとともに、ネコや魔女、悪魔といった思い思いの仮装をして、魔よけのカボチャを玄関にぶらさげた米軍住宅を回り、キャンディーなどのお菓子をねだって、その代わりに踊りなどのパフォーマンスを披露した>

 このように米軍関係者の住宅地で、アメリカの風習としてのハロウィーンが行われた事例は、他の土地でもあったようだ。

「コスプレ」化は1990年代あたりから

 80年代あたりから、各地のイベントでハロウィーンにちなんで仮装を取り入れたものが見られるようになる。東京・原宿の表参道では、今も続く子供の仮装パレードが始まった。

ハロウィーンの商業主義に苦言を呈する投書=1995年(平成7年)11月1日朝刊
ハロウィーンの商業主義に苦言を呈する投書=1995年(平成7年)11月1日朝刊

 1995年(平成7年)11月1日朝刊気流欄に、<ハロウィンに見る商業主義>という投書が掲載されている。東京都に住む40歳のパート女性が<日本人はどうしてこんなに軽いのだろう>と嘆いている。<近年、秋になると、街ではモミジやカキの代わりにパンプキンや魔女、お化けのディスプレーを見かける。デパートのお菓子売り場にもハロウィン用のキャンデーが店頭を占領している。仮装行列をする所もあるという>。この頃にはハロウィーンの商業利用も盛んになりはじめていたようだ。夏休みとクリスマスの間の販促イベントの材料として、ちょうどよかったのかもしれない。

 90年代後半には東京ディズニーランドが来場者参加のハロウィーン仮装パレードを開始。川崎市での路上コスプレパレードも始まり、今や国内有数のハロウィーンイベントに成長した。子供が仮装する行事だったハロウィーンは、この頃から大人もコスプレを楽しむものになっていく。

残り:3487文字/全文:5160文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1551390 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/10/16 10:00:00 2020/10/16 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201015-OYT8I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ