読売新聞オンライン

メニュー

氷上の社交場か「殺りく場」か、スケートリンク盛衰記

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 JR山手線を高田馬場駅で降り、早稲田通りを早稲田大学と反対方向に6、7分歩くと、シチズンプラザがある。通年営業のアイススケートリンクとボウリング場、カルチャースクールなどの複合施設。1971年(昭和46年)設立、ほぼ半世紀の歴史を持つ施設が、来年1月末で営業を終了する、と発表した。

 東京都内に、通年営業の屋内リンクは少ない。シチズンプラザがなくなれば、23区内では明治神宮外苑アイススケート場だけになるという(昨年、東京都が江東区の東京辰巳国際水泳場をアイススケート場に改装すると発表した。が、ここは東京五輪の水球会場なので、開業はしばらく先になる)。シチズンプラザで練習しているアイスホッケーやフィギュアスケートの選手たちにとっては、代替施設を探すのが大変だろうと思う。全国でも近年、スケート場閉鎖の報に接することは多い。

よみうりランドに、国際規格のコースを備えたアイススケート場がオープン。多くのスケーターでにぎわった=1967年(昭和42年)1月
よみうりランドに、国際規格のコースを備えたアイススケート場がオープン。多くのスケーターでにぎわった=1967年(昭和42年)1月

「する」「楽しむ」スケートが始まったのは?

 「見る競技」としてのフィギュアスケートは、2006年のトリノ五輪で荒川静香選手が日本人初の金メダルを獲得した頃から、羽生結弦選手、浅田真央選手をはじめ、男女ともに世界最高レベルのスター選手が次々に登場し、たいへんな活況が続いている。主要大会のチケットはかなりの高額だが、なかなか手に入らない。

 一方、「する競技」、あるいはレジャーとしてはどうだろう。

 筆者自身はアイススケートの経験はない(滑るものは全て苦手だが、唯一カーリングだけは取材で体験した)。が、小学生の頃、世の中ではアイススケートは「誰でも普通に楽しむレジャー」という位置づけだったような印象がある。

117年前のスケート記事はわずか3行だった=1903年(明治36年)6月18日朝刊
117年前のスケート記事はわずか3行だった=1903年(明治36年)6月18日朝刊

 読売新聞の記事データベースでアイススケートについて検索すると、最も古いと思われるのは、1903年(明治36年)6月18日の<氷辷(スケーチング)練習部の開設>という記事。<日本体育会に(おい)て近日中に氷辷の練習部を開設し一般公衆の入部を許す(はず)>という、たった3行の記事だ。

 1910年(明治43年)12月14日朝刊には<諏訪湖の氷滑(スケーチング)始まる>という記事が、長野県・諏訪湖スケート場のオープンを伝えるとともに、アイススケートそのものを詳しく解説していて興味深い。<(これ)からは蹴球(フットボール)とホツケーと氷滑のシーズンだ、(しか)し日本の氷滑は心細い、北海道仙台附近(および)信州諏訪で行はれる位のものである>というのが当時の状況だったようだ。

 <()の冬の遊戯として最も壮快なスケーチングに(つい)斯道(しどう)の先覚者三島弥彦君(帝大)の話を掲げん>と、アイススケートを解説するのは、この2年後に開かれるストックホルム五輪に、金栗四三(かなくりしそう)とともに日本初のオリンピック代表選手として出場する(2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」では生田斗真さんが演じた)あの三島である。

 五輪では短距離走に出場したが、野球、ボート、柔道、馬術、スキーなど、あらゆるスポーツに通じた万能選手だった。記事では、欧米での冬季スポーツの楽しみ方から、ブレードの形状、滑り方のコツ、靴の選び方など、実に懇切丁寧に解説している。<頭を打ちはしまいかなどと怖々(おずおず)して居てはならぬ氷の悪い(ところ)()りさへしなければ決して一命を失ふやうな事はない>と初心者にも優しい文章には、様々なスポーツを満喫していた三島らしさがうかがえる。

「滑るだけの面白さ」に魅了された

スケート場のにぎわいを伝える記事=1917年(大正6年)1月24日朝刊
スケート場のにぎわいを伝える記事=1917年(大正6年)1月24日朝刊

 1917年(大正6年)1月24日朝刊の「よみうり婦人附録」は<滑る()けの面白さ>との見出しで、東京・数寄屋橋近くのスケート場のにぎわいを伝えている。書き出しはこうだ。

 <鏡のやうに張り詰めた諏訪湖の氷の上を白い息をふきながら、水虫のやうに、しゆつしゆつと(すべ)(まは)る壮快さ、婦人間にも近頃このスケート狂が()えて来て、頬を真赤にさらしながら、遥々(はるばる)諏訪湖(まで)押しかけて行く人も(すくな)くないが、東京では残念ながら辷る程氷が張らぬので勃々たる元気を(むな)しく抑へてゐる婦人が多い>

 三島の解説記事から7年、諏訪湖でのスケートは首都住民の娯楽として人気を集めるようになっていたようだ。

 氷が張らない東京で<滑る丈け>とはどういうことかといえば、<小さな拍車が四つ付いた靴を穿()きコンクリートの上を足で押すやうにして辷って行くのである>、つまりローラースケートである。

 <新橋烏森辺の美しい人が長い(たもと)を振りながら、宛然(えんぜん)牡丹の花の崩れるやうにあちこち飛び動いてゐる、女優も時々見える><仏蘭西(フランス)大使令嬢お二人も昨年頃は見えたが之は(また)白百合の精のやうな美しいお嬢さん方、(なめら)かな仏蘭西語で何かきやつきやつと言い合ひながら姉妹(きょうだい)に追ひつ追はれつ辷り廻る様は白鳥の遊泳か胡蝶(こちょう)の戯れか>

 新橋烏森は置き屋のあった地域だから、「美しい人」は芸者衆だろうか。和装洋装の女性たちがさっそうと滑る、華やかな風景が目に浮かぶ。

都心に通年型リンク完成…あの事件の舞台に

 この後しばらくは、スケートの記事の舞台は諏訪湖、富士五湖、日光など近郊の寒冷地に限られる。興味深いのは26年(大正15年)6月28日夕刊の<辷り具合もよく 大氷原スケート場 国技館樺太展の呼物>という記事。国技館で開催される樺太展の目玉企画として、<二百坪の東洋一の大氷原スケート場も出来(あが)(かんな)(かか)つて辷り具合は大変よいスケート場>と紹介されている。この頃には真夏の室内に氷を張る技術があったことになる。樺太展は読売新聞社と樺太庁の後援とあって、会期中にもたびたび記事になっている。冷房もない時代に氷が張られた室内の涼しさは格別で、大勢の来場者が詰めかけたようだ。よほどの人気だったのだろう、この後も国技館では28年(昭和3年)に「耶馬溪博」、29年(昭和4年)に「長崎納涼博」など、夏場に氷を用いた催しがたびたび開かれた。

通年型リンクの誕生を、記事は「東洋一」とうたった=1932年(昭和7年)3月3日朝刊
通年型リンクの誕生を、記事は「東洋一」とうたった=1932年(昭和7年)3月3日朝刊

 そして32年(昭和7年)。ついに都心に通年の屋内リンクが完成した。3月3日朝刊に<東洋一 山王会館の 大スケート場>という写真付きの記事が掲載される。

 <近来ウインター・スポーツの発達と異常な躍進を見せオリムピックにも初めての出場をした(わが)スケート界に最もフアンの多い東都にはリンクに恵まれず(ただ)(わずか)に花月園喜楽館等の小リンクがあるのみだつたが今般新築された赤坂山王会館の地下室に二百二十坪に亘る東洋一の大スケート場が出現した>と、記事の文章も晴れがましい。3月5日には久邇宮殿下と妃殿下を招いて開場式を行う力の入りようだった。

 この山王会館とは山王ホテルのこと。4年後の36年(昭和11年)に2・26事件で反乱軍に占拠され、司令部として使われた高級ホテルである。

 33年(昭和8年)には新宿の伊勢丹に430坪の室内リンク、芝浦日出町には475坪の朝日屋内アイス・スケート場(芝浦スケート場)が完成。山王の「東洋一」の称号は、たちまち更新されていく。

残り:3066文字/全文:6595文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1655590 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/11/27 10:00:00 2020/11/27 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)