読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

虚礼と言われて1世紀、どうなる年賀状

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 2020年も残すところ1週間。

 今年はどうしたものかなあと思いつつも、年賀状の用意はしている(近年は不義理を重ね、ごく限られた枚数しか出していないけれど)。

「年始状」明治後半には定着か

アルバイト学生と郵便局員が、大量の年賀はがきを仕分けする作業に追われた(大阪府内で)=1952年(昭和27年)12月24日
アルバイト学生と郵便局員が、大量の年賀はがきを仕分けする作業に追われた(大阪府内で)=1952年(昭和27年)12月24日

 新年に書面であいさつする習慣は平安時代に始まったそうだが、国民に広まったのは郵便制度が整った明治以降のことらしい。1898年(明治31年)1月13日の読売新聞朝刊に<年始状の減少>という記事がある。<本年は宮中御喪期中の()め新年の賀状を見(あわ)せたるもの多く逓信省の調査にては例年に比し四割の減少を見たりといふ>から、すでに習慣として定着していたようだ。1900年(明治33年)1月5日朝刊の紙面には<東京郵便電信局にて取扱(とりあつかい)たる総数は二百四十五万六千六百七十四通>とある。当時の東京の人口よりも多い。

 交わされる年賀状の数が増えると、さばききれない事態も起きる。03年(明治36年)12月27日朝刊には<来年の年賀状来る>という記事がある。尾張名古屋局で1月1日の消印を押したはがきが、12月24日の東京麹町局の消印で「某所」に届いたという。<何ぼ気早き江戸子も(この)(まわ)しには及ばざるべし>と軽い調子で締めている。

「無意味」と廃止を提唱したのは…

年賀状廃止を提唱したのは文部省だった=1919年(大正8年)12月30日朝刊
年賀状廃止を提唱したのは文部省だった=1919年(大正8年)12月30日朝刊

 19年(大正8年)12月30日朝刊には<文部省で賀状廃止>という記事がある。<年賀状交換が煩多(はんた)な上に一片の形式に(とら)はれるは無意味であるとて明春から各直轄学校間の賀状交換を打破することに申合(もうしあわ)せたと()ふ>。年賀状といえば「虚礼廃止すべし」との声が付いて回るのも常だが、こんなに以前からあったとは驚く。

 25年(大正14年)12月10日朝刊には<年末年始の贈答と年賀状を出す可否>と題して、生活改善同盟会という団体(文部省の外郭団体だったらしい)が各会の名士に質問し、14人からの回答を載せている。例えば童話作家の巌谷(いわや)小波(さざなみ)氏は<義理でやる贈答なら廃すべし。年始状も同じ>という回答だが、全体としては<十中の九までは意外にも存続説>だったという。日本郵船社長の白仁(しらに)武氏は<縁もゆかりも無い人が()る意味から年始状を送る(ごと)きは実に馬鹿気きつた事なり、逓信官署が営利主義から年賀状差出し方宣伝するに至つては実に言語道断沙汰の限りだ>と激烈に非難しているのが面白い。

配達数が増えすぎて…捨てられたり遅れたり

年賀はがき5000万枚の販売を郵政省から割り当てられた東京中央郵便局では、局員が街頭へ繰り出して宣伝に大わらわ=1955年(昭和30年)11月15日
年賀はがき5000万枚の販売を郵政省から割り当てられた東京中央郵便局では、局員が街頭へ繰り出して宣伝に大わらわ=1955年(昭和30年)11月15日

 虚礼廃止論争は戦後も続く。50年(昭和25年)12月25日夕刊に、当時の企画「紙上討論」の第58回として、<門松と年賀状をどう思うか>をテーマにした投稿が掲載された。前文にいわく、<投稿の八割強までが美しい伝統の行事として存続すべしと主張、(わず)かに一割強だけが単なる形式として廃止すべしと論じており圧倒的に支持者が多かつた>。GHQの占領下、民主主義と進歩が輝かしく語られ、日本的伝統が批判されがちだった時期のはずだが、それでも年賀状への愛着は強かった。

 49年(昭和24年)からはお年玉付き年賀はがきが発売され、送られる年賀状の数が増えるとともに、郵便局の処理能力を超え、さまざまなトラブルが発生した。

 59年(昭和34年)1月8日夕刊には<年賀状千通 川に捨てる>として、静岡県の郵便局で年末年始のアルバイトをした中学3年生が<元日の朝配達を(うけ)持った年賀状約三千通の一部をめんどうくさいと天竜川と磐田用水に投げ捨てたもの。同村民がびしょぬれの年賀状を発見、三日豊岡局に(とどけ)出てわかったもので七日までに約八百通を回収した>という。温暖な静岡とはいえ1月。川に入って年賀状を拾い集めた人たちは、さぞ冷たかったことだろう。以後もしばしば類似のニュースが1月の紙面をにぎわした。

お年玉付き年賀はがきの売り出しを待つ出勤前のサラリーマンら。発売開始までに約600人が並んだ。一番乗りは午前4時過ぎだったと記事は伝えている(東京中央郵便局前で)=1967年(昭和42年)11月11日夕刊
お年玉付き年賀はがきの売り出しを待つ出勤前のサラリーマンら。発売開始までに約600人が並んだ。一番乗りは午前4時過ぎだったと記事は伝えている(東京中央郵便局前で)=1967年(昭和42年)11月11日夕刊

 翌60年(昭和35年)2月1日朝刊には<年賀状百万通が遅配 練馬局 昨夕やっとさばき終わる>。扱った年賀状200万通のうち元日には101万通しか配達できず、完了まで1か月かかるという異常事態だが、特殊事情があったらしい。

 同局では年末に労働条件の改善を求めたストライキが行われたため、<アルバイト高校生百七十人(一昨年の二倍)を雇い万全を期したつもりだったが、通常郵便物の滞貨が予想外に多く、スト解決後も本職の配達人四十四人を全部そちらに回して年賀郵便は一切がっさいアルバイトにまかせたのが“超遅配”の原因だった><いくら大車輪をかけても「スキーに行くから」などと高校生がどんどんやめ始め、十一日にはたった三人にまで減ってしまった>と、現場の混乱ぶりが目に見えるようだ。翌年も遅配に対する不満の投書が紙面をにぎわしたが、やがて郵便局側も体制を整えて、混乱は収まっていく。年賀はがきの発行数もほぼ右肩上がりに増えていった。

残り:2343文字/全文:5006文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1727633 0 ちょっと前はどうだっけ? 2020/12/25 10:00:00 2020/12/25 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYT8I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)