読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

斬られ役・福本清三さんとその時代

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 俳優の福本清三さんが亡くなった。

 「福本清三」の名は知らなくても、「日本一の斬られ役」と聞けば、ああ、あの、と思い浮かぶ人もいるだろう。15歳で東映京都撮影所の大部屋俳優となってから60年あまり、数えきれないほどの映画やテレビドラマに出演してきた。

 ろくにセリフもなく、主人公に襲いかかっては殺される役ばかり演じていたが、悪鬼のような凶悪メイク、身軽で鮮やかな殺陣、頭が地面につきそうなほど反り返って倒れる激しい死にざまの数々は、観客や視聴者の記憶に知らず知らず焼き付いていく。

往年の大スターとも斬り合った福本さん。殺陣の技術、鋭い眼光は衰えを見せなかった=2009年(平成21年)8月4日
往年の大スターとも斬り合った福本さん。殺陣の技術、鋭い眼光は衰えを見せなかった=2009年(平成21年)8月4日

 そんな「名もない斬られ役」だった福本さんの名は、今世紀に入って徐々に知られるようになった。2001年にNHKのドキュメンタリー番組で紹介され、著書「どこかで誰かが見ていてくれる」(聞き書き・小田豊二/創美社)が刊行。そして、トム・クルーズ主演のハリウッド製時代劇「ラスト サムライ」(03年公開)に起用された。渡辺謙さん、真田広之さんが海外進出するきっかけとなった映画で、トム・クルーズを見張る「寡黙な侍」を演じた福本さんにも注目が集まった。

 その頃、福本さんにインタビューしたことがある。素顔の福本さんは画面での印象とは正反対、謙虚で照れ屋の穏やかな人で、筆者はすっかりファンになり、以後、時代劇の画面で福本さんを見つけるのを楽しみにしていた。昨年11月末にBSプレミアムで放送されたテレビ時代劇「十三人の刺客」にも顔を見せていただけに、突然の訃報(ふほう)には驚いたし、残念でならない。

 今回は福本さんをしのんで、彼が歩んできた時代を読売新聞の記事で振り返ってみたい。

撮影所入りは「たまたま」だった

衆院選の投票日。俳優の勝新太郎さん(右)は撮影の合間を縫い、時代劇衣装のまま投票所へ駆けつけた(京都市右京区の天龍寺で)=1960年(昭和35年)11月20日
衆院選の投票日。俳優の勝新太郎さん(右)は撮影の合間を縫い、時代劇衣装のまま投票所へ駆けつけた(京都市右京区の天龍寺で)=1960年(昭和35年)11月20日

 福本さんが東映に入社したのは1958年(昭和33年)。兵庫県城崎郡で生まれ育ち、中学を卒業して京都の米店で働いていたが、親戚に転職を相談したところ、撮影所を紹介されたという。つまり、俳優になりたかったわけではなく、たまたま決まった就職口だった。

 その4年前の54年(昭和29年)11月3日夕刊の<殺陣師と「カラミ」の不足>という記事から、時代背景がうかがえる。

 <戦前を上回る時代劇のチャンバラ場面にはその型をつける殺陣師と主役の活躍を一層よくみせる相手側の一群、つまりカラミと呼ばれる人たちがきってもきれぬ存在である。しかし戦後ある期間時代劇が追放されたため養成がたたれ、現在その不足を嘆く声が高い>

 戦後、GHQ(連合国軍総司令部)統治下の日本で、歌舞伎や時代劇は封建的忠誠心を称揚し軍国主義を助長するものとして、製作を制限された。その反動もあってか、52年(昭和27年)の独立回復後、映画界に時代劇ブームが起きた。

 54年10月6日夕刊の<時代劇謳歌(おうか)の京都撮影所>という記事は、こう始まる。<時代劇復興の波にのって京都の撮影所街は喫茶店や食堂でもチョンマゲ姿や御殿女中風の男女俳優たちが、声たからかに“時代劇ブーム”をうたっている>。京都に映画会社の撮影所が集まり、数多くの時代劇映画が作られたため、「カラミ」=斬られ役を演じる大部屋俳優も数多く必要とされたわけだ。

主演スターに劣らず大変な「カラミ」

映画「大菩薩峠」で机竜之助を演じる仲代達矢さん(右)と打ち合わせる、殺陣師の久世龍さん(中央)=1965年(昭和40年)11月7日朝刊
映画「大菩薩峠」で机竜之助を演じる仲代達矢さん(右)と打ち合わせる、殺陣師の久世龍さん(中央)=1965年(昭和40年)11月7日朝刊

 福本さんが東映入りした58年、夕刊の「よみうり演芸館」というコーナーで3月13日から28回にわたり、映画界の殺陣師たちが「殺陣」について書いている。スター俳優の立ち回りに関する話題が続く中、4月17日夕刊で、殺陣師の足立伶二郎さんが「カラミ」を紹介している。

 <(たち)回りのシンとなる主演スターの苦心もさることながら、いつも切られてばかりいるカラミの苦心は、それに劣らず大変で、しかも地味な努力を要する>

 <切られ専門だから平素の訓練もはげしい。ケサに切られたときにはできるだけ体をうしろにそらせなければシンの剣は引立たない。ふだん、エビのように体をそらせる練習をつんでおく必要が生じる。サバ飛びというのもある。バタッと腹ばいに倒れることだ。高いところから落ちてケガをしないようになるにも、相当の年期がいる>

 福本さんも、まさにそのようなカラミに育っていった。

残り:3151文字/全文:5368文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1770807 0 ちょっと前はどうだっけ? 2021/01/15 10:00:00 2021/01/15 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210113-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)