読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カラオケの陰に消えたもの、消えないもの

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 この連載で前回、カラオケの歴史を振り返った。カラオケ自体の変遷がダイナミックで、周辺の出来事まで触れる余裕がなかったのだが、多くの新技術がそうであるように、カラオケの急速な発展は、それまで似た役割を果たしていたものを、結果として片隅に追いやることになった。

人生の半分以上を新宿の裏通りで歌い続けてきたという流しの演歌師。今宵もギターを抱えて歌舞伎町に立つ=1975年(昭和50年)9月2日朝刊
人生の半分以上を新宿の裏通りで歌い続けてきたという流しの演歌師。今宵もギターを抱えて歌舞伎町に立つ=1975年(昭和50年)9月2日朝刊

 代表的なものがジュークボックスだ。

 何十枚ものレコード盤が入っている機械で、客が硬貨を投入して好きな曲を選ぶと再生される。全国カラオケ事業者協会公式サイト「カラオケ歴史年表」の「1970年以前」の項には、マイク入力がついた歌えるジュークボックスの登場が記されており、初期のカラオケ機器はジュークボックスから派生したとも言える。

1曲10円の時代、一晩で4万円…スナックにもボウリング場にもあったジューク

「十円いれてボタンを押すとお好みのレコードが聞ける。音楽の自動切り売機」とジュークボックスは紹介された=1957年(昭和32年)7月7日朝刊
「十円いれてボタンを押すとお好みのレコードが聞ける。音楽の自動切り売機」とジュークボックスは紹介された=1957年(昭和32年)7月7日朝刊

 ジュークボックスはアメリカで開発され、日本には戦後、進駐軍とともに入ってきた。草創期に輸入・製造・販売などを手がけていたのは、主に、現在のタイトーやセガなど、後にゲーム機メーカーとなった企業だ。週刊読売95年(平成7年)7月9日号の連載記事「戦後50年 平成ニッポンの原風景/カラオケ」で、タイトーの広報宣伝課員が同社のジューク史を語っている。

 <昭和三十年ごろからジュークを輸入しはじめました。金を出してまで音楽を聴くヤツがいるのか、と言われたそうです。でも、いい店では一晩で四万円も入りました。一曲十円の時代ですよ。スナックやバーはもちろん、喫茶店、デパート、旅館、ボウリング場……ジュークはどこにでもありました。どの家庭にもステレオがあるわけでなし、ラジオも今とは全然違う。いい音で音楽を聴けるのはジュークだけだったんですよ>

 <有線放送の影響もあったようですが、決定的だったのは、やはりカラオケ。「カラオケに切り替える」というお客さんが多くなってきたので、ジュークにカラオケを組み込んだ装置を造ったのが、カラオケを扱った最初です。すぐにカラオケの方が増えて、七〇年代の終わりごろに、ジュークから撤退しました>

 70年代の終わり頃といえば、タイトーが78年に発売したゲーム機「スペースインベーダー」が全国のゲームセンターや喫茶店を席巻した時期だ。企業としてはジュークボックスに固執する必要もなかったことだろう。

カラオケ登場でダメージを受けたのは…

アコーディオン流しでは全国でただ一人とされる「ケンちゃん」。若者の間で人気が高まり、サインを頼まれることも=1994年(平成6年)10月15日大阪本社夕刊
アコーディオン流しでは全国でただ一人とされる「ケンちゃん」。若者の間で人気が高まり、サインを頼まれることも=1994年(平成6年)10月15日大阪本社夕刊

 企業は別の製品に乗り換えることができるけれど、身につけた技芸を売り物にする個人には、容易ではない。カラオケの登場で最もダメージを受けたのは、「流し」の人々だった。

 「流し」とは、夜の繁華街でギターやバイオリンを片手に酒場から酒場を歩き、客がリクエストした曲を歌ったり、歌う客の伴奏をしたりして収入を得る仕事だ。

 78年(昭和53年)11月2日朝刊解説面<カラオケに負けちゃいない 情と知恵「流し」人生>に、カラオケ流行初期の影響が書かれている。以下は新宿の流し組合の親方の話から。

 <新宿の流しが全盛だったのは、確か東京オリンピックのころ。その数二百五十人は超えていたろう。一人で三十軒ものひいきの店を持っていた。ところが、いまでは百人を割り、一人に五、六軒という減り具合。それだけ、カラオケの店が増えてきたということだ>

 それでも、人によってはまだまだ稼げたようで<「書き入れ時の昨年暮れ一か月で百四、五十万円もかせいだ」とうわさされるほどの人気者もいる>とある。記事ではカラオケへの対抗策として、レパートリーの豊富さ(この時期のカラオケはまだテープ中心で曲数が限られていた)、会話力などによる生き残り策を紹介している。しかし現実にはその後、カラオケの発展と普及のスピードが、流しを圧倒していった。

残り:3319文字/全文:5369文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1867629 0 ちょっと前はどうだっけ? 2021/02/26 10:00:00 2021/02/26 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYT8I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)