読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アンノン族とインスタ映え、個人旅行の楽しみ今昔

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 片山一弘

 まだ海外への渡航に制限があった1961年(昭和36年)に、「何でも見てやろう」という本がベストセラーになった。後に小説家になった小田実氏が、留学生としてアメリカに1年滞在した後、欧州からアジアを経て日本に戻るまでを記した旅行記だ。無名の青年による貧乏旅行記が広く読まれたのだから、当時の日本人には、世界一周や一人旅への憧れや渇望があったのだろう。

大きなリュック背に、列車の通路を横歩き

「カニ族大挙南下」という見出しの大きな写真が、日曜版を飾った(沖縄県名護市で)=1972年(昭和47年)8月27日朝刊
「カニ族大挙南下」という見出しの大きな写真が、日曜版を飾った(沖縄県名護市で)=1972年(昭和47年)8月27日朝刊

 前回のコラムでも紹介したように、64年(昭和39年)に海外旅行が自由化されると、人々は主に団体ツアーで海外に旅立っていった。その代表格である日本航空の「ジャルパック」が、73年(昭和48年)9月11日夕刊に「脱・団体旅行」と銘打った大きな広告を出している。コピーに(いわ)く、「ツアーといっても、ホテルと往復の日航機が決められているだけ。後は全くあなたの自由です」。今でいうフリーツアーだ。

 自由化から10年目、団体ツアーに飽き足らなくなった人が増えていた様子がうかがえる。

 団体旅行の対極といえばバックパッカー。

 大きな荷物を背負って自由に旅する人々を意味するこの英単語が日本で普通に使われるようになったのは、おそらく1990年代のことだが、実際に国内に出現したのは、ずっと早い。彼らは当初、「カニ族」と呼ばれていた。

 70年(昭和45年)7月24日夕刊カメラ・ニュース面に、<カニと呼ばれても>と題したグラフ記事がある。北海道函館市内を歩く個人旅行者たちの後ろ姿の写真とともに、ネーミングの由来が説明されている。

 <それにしても、カニ族とはうまく言ったものだ。ばかでっかいリュックをしょって、列車の通路を横歩きする姿を形容したそうだが。年々ふえてその数、三万にものぼるときく>

 当時の典型的なリュックサックは左右にポケットが張り出し、横幅が広かった。例えば寝台車の狭い通路を歩くと荷物がつかえるので、カニ歩きを余儀なくされたということらしい。

 カニ族という呼称は男女の区別なく使われたようだ。同じ70年の8月30日朝刊気流欄に<目に余るカニ族の横暴>という投書がある。投稿者は札幌市の25歳の家事手伝い女性。家族旅行で遭遇したカニ族女性への苦言である。

 バスでは<彼女らは一時間余を大声で話し、歌い、降りて行ったが、立ち去ったあとを見てガッカリ。チョコレートや菓子類のクズが足の踏み場もないほど。立つカニ、あとを汚す――の図だった>。駅の待合室や旅館での横暴な振る舞いも列記され、投稿者は怒り心頭。旅先の仲間内で盛り上がると周囲が見えなくなる悪癖は、団体もグループも変わらなかったようだ。

「アンノン」などファッション誌が個人旅行を後押し

ガイドブックを片手に、軽井沢の旅を楽しむ女性たち(1986年頃)
ガイドブックを片手に、軽井沢の旅を楽しむ女性たち(1986年頃)

 70年代に入ると、新しい「族」が登場する。アンノン族だ。

 語源は、今も人気の女性向けファッション誌。平凡出版(現在のマガジンハウス)の「アンアン」は70年(昭和45年)3月に創刊された。集英社の「ノンノ」は1年遅れて71年(昭和46年)5月に創刊。

 両誌の広告を創刊から数年分ながめると、毎号のように旅の記事が掲載されていたことがわかる。圧倒的に多いのは京都。鎌倉、大和路、木曽路、軽井沢、神戸などもたびたび登場する。「ペンションがある村の暮らし 八ヶ岳山麓にて」「早春の武蔵野を歩く」「金沢の(みや)びにふれる」「佐渡郷愁旅行」といった特集タイトルは、今でもそのまま使えそうだ。旅の記事とともに「旅に着るジャケット・スーツ」「高原のリゾートウェアと小物」など、旅先でのコーディネートが示されているのもファッション誌ならでは。時には「<ひとり旅>のすすめ読本」のような特集もあった。

 70年には国鉄(現在のJR各社)が、国内各地の美しい風景をポスターにあしらった「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを開始。個人旅行を後押しする気風は高まっていった。

 76年(昭和51年)4月19日朝刊「婦人と生活」面に<ヤング女性は旅行がお好き>という記事がある。東京のある各種学校が「現代ヤングの旅行観」について、男女学生278人にアンケート調査を行った結果が紹介されている。「旅行のきっかけ」について、<情報源としては、男性は「旅行専門誌」(三一・九%)と「一般週刊誌」(二七・七%)だが、女性は「ファッション雑誌」が圧倒的で四八・四%。現代女性にファッション雑誌がどんなに影響を与えているかを示していた>という。

残り:3141文字/全文:5269文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1938256 0 ちょっと前はどうだっけ? 2021/03/26 10:00:00 2021/03/26 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210324-OYT8I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)