読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ああ、懐かしの「イタリアンスパゲティ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

社会部デスク 新庄秀規

 毎年、12月になると、「給食甲子園」というイベントが東京で開かれる。全国各地の()りすぐりの給食を集め、ナンバーワンを決める催しだ。読売KODOMO新聞でも何度か特集をさせていただいた。

地元産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高く評価された埼玉県越生町立越生小のメニュー
地元産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高く評価された埼玉県越生町立越生小のメニュー
「給食甲子園」の審査風景
「給食甲子園」の審査風景

 2017年の第12回大会では埼玉県越生町立越生小学校のチームが優勝。町産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高い評価を受けた。この給食に限らず、地元でとれた食材を使った給食はどれも魅力的で、お金を出してでも食べたいくらいだ。

 15回目となる今年は、新型コロナウイルスの影響で書類選考による実施になるようだ。おいしそうな匂いと活気で満たされる現場がなくて少し残念だけれど、ふるさとを自慢できる給食であることは間違いない。どんな結果が出るのか、とても楽しみにしている。

 「給食の歴史」(藤原辰史著)によると、日本では明治時代の1889年、山形県で初めての給食が振る舞われたとされている。お寺の中に作られた私立小学校が、握り飯二つに野菜と魚(塩乾物)というメニューを出していたそうだ。その後、多くの教育者の努力もあって栄養バランスの良い給食は全国に広まっていった。

 そして今や、給食でどんなものを食べたのかは郷土自慢のネタに。しかし、私にとっては給食とは決して自慢できるものではない。きっと給食に暗い思いをしている人も多いはず。そんな思いで先を進めてみる。

残り:1385文字/全文:2220文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1604767 0 デスクの目~社会部 2020/11/06 15:00:00 2020/11/06 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201104-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)