読売新聞オンライン

メニュー

ああ、懐かしの「イタリアンスパゲティ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

社会部デスク 新庄秀規

 毎年、12月になると、「給食甲子園」というイベントが東京で開かれる。全国各地の()りすぐりの給食を集め、ナンバーワンを決める催しだ。読売KODOMO新聞でも何度か特集をさせていただいた。

地元産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高く評価された埼玉県越生町立越生小のメニュー
地元産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高く評価された埼玉県越生町立越生小のメニュー
「給食甲子園」の審査風景
「給食甲子園」の審査風景

 2017年の第12回大会では埼玉県越生町立越生小学校のチームが優勝。町産の梅を使った「越生うめりんつくね」が高い評価を受けた。この給食に限らず、地元でとれた食材を使った給食はどれも魅力的で、お金を出してでも食べたいくらいだ。

 15回目となる今年は、新型コロナウイルスの影響で書類選考による実施になるようだ。おいしそうな匂いと活気で満たされる現場がなくて少し残念だけれど、ふるさとを自慢できる給食であることは間違いない。どんな結果が出るのか、とても楽しみにしている。

 「給食の歴史」(藤原辰史著)によると、日本では明治時代の1889年、山形県で初めての給食が振る舞われたとされている。お寺の中に作られた私立小学校が、握り飯二つに野菜と魚(塩乾物)というメニューを出していたそうだ。その後、多くの教育者の努力もあって栄養バランスの良い給食は全国に広まっていった。

 そして今や、給食でどんなものを食べたのかは郷土自慢のネタに。しかし、私にとっては給食とは決して自慢できるものではない。きっと給食に暗い思いをしている人も多いはず。そんな思いで先を進めてみる。

 私の小学生時代は1980年代なので、「脱脂粉乳が嫌だった」というような世代ではない。瓶入りのコーヒー牛乳にミートスパゲティ、菓子パン……。学校を舞台にしたTVドラマでは、レストランなの?と疑うようなおいしそうな給食が並んでいた(※当時は「これはTV用に美化したものだ」と自分を納得させていたが、その後、東京の中学校に転校したところ、ドラマとさして変わらないものが提供されていたことを知り、驚がくすることになる)。

 暗い思い出の1番は「牛乳の臭い」。

 私の小学校では、牛乳は三角パックだった。1年生で初めて給食を迎える日は、まずはこの三角パックのたたみ方を教えてもらう。4面体のままではかさばってしまうので、1辺を真ん中で折ってホームベース状にたたみ、それを縦に半分に折って……最終的に小さな三角の形に折り込む。折り紙のようなたたみ方はなんか楽しいのだけれど、問題はパックの中に残った牛乳だ。4回もたたむので途中で必ず飛び出し、手にピチョッとつく。給食後は昼休みのドッジボールのために校庭の陣地取りをしないといけないので、手を洗うヒマはない。そんなわけで、午後はずっと手が牛乳くさい。高学年になると、三角パックを踏みつけて割り、四角に折るという技が開発されたが、手の代わりに教室の床に牛乳がピチョッ。牛乳くさい午後は変わらなかった。

 そして、2番目はおいしくないこと。

 メニューは貧弱だった。野菜と肉、豆腐などなんでも材料を煮込めばいいといった感じで、見た目もどんより。とにかくコッペパンさえ腹に収まればいいという毎日だった。

 そんな中で、仲間内の一番人気は「イタリアンスパゲティ」という「おかず」だった。どうしてスパゲティにイタリアンという形容詞が必要なのかは今もって謎だ(※ピザには生地の厚さによってアメリカンとイタリアンを分けるという通な呼び名があるようだけれど)。

 麺とソースを混ぜ込んだものなのだが、ナポリタンのように売り物になるような派手さがない。ひき肉と何かを合わせた微妙なソースで、全体は茶色っぽく、やっぱり見た目はどんよりしている。ただ、ほかのおかずに比べて塩っ気があり、コッペパンが進む。スパゲティだけど、立派なおかずだった。とにかくこれがお替わりできると、昼休み中、ずっとうれしかった気がする。メニュー表でイタリアンスパゲティを見つけた日はちょっと心が躍ったっけ。

 ここまで書いて少し驚く。あんなに憎んでいたはずの給食が、だんだん楽しそうな話になっている。「ミートボールだと喜んで口に入れたらいわしのつみれだった事件」や「絶対にカレーライスにしてくれないカレー汁問題」を書いても同じ結果になりそうだ。そもそも30数年前に食べたものをどうしてこんなに明瞭に覚えているのか。給食甲子園は到底無理にしても、みんなでワイワイ食べた給食はやっぱり自慢なのかもしれない。

 ご意見、ご感想をメールでお寄せください。情報提供も歓迎です。
 メールアドレスは、shakaicolumn@yomiuri.comです。

プロフィル
新庄 秀規( しんじょう・ひでき
 1997年4月入社。富山支局などを経て2003年1月に社会部。警視庁や会計検査院、東京都庁などを取材し、2017年10月から社会部デスク。読売KODOMO新聞の編集長も務める。

無断転載・複製を禁じます
1604767 0 デスクの目~社会部 2020/11/06 15:00:00 2020/11/06 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201104-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)