読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

デスクの特権

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

社会部デスク 木下敦子

 新聞社の鬼デスクというのは、自分は机の前にじっと座っているだけのくせに、若い記者たちが必死になって現場で集めてきた貴重な証言を冷酷無比に取捨選択し、時には珠玉のネタをばっさりと割愛したりして、血も涙もない人種だと世間から思われているかもしれないが、実際そのとおりである。新聞記事には決められた行数というものがある。いくら良い話であっても、無制限に載せるわけにはいかない。

 そうして鬼デスクが割愛した話の中には、当然ながら「お宝」がたくさんある。1本の記事を書くのに、記者たちは関係者から本当にたくさんの話を聞いている。あれも載せたい、これも載せたい、でも文脈やバランスを考えるとどうしても載せられない……。新聞作りはそんな葛藤の連続といえる。が、逆にいうと、結果的に記事に載らないエピソードを含めて記者からあれこれ聞けるのは、デスクだけの特権でもある。きょうはその特権で得た一部をご紹介させていただこうと思う。

伝説の一戦となった「星稜―明徳義塾」戦。松井秀喜選手は5打席連続で敬遠された(1992年8月16日、甲子園球場で)
伝説の一戦となった「星稜―明徳義塾」戦。松井秀喜選手は5打席連続で敬遠された(1992年8月16日、甲子園球場で)

 昨年の12月、社会部の大井雅之記者は、28年前に夏の甲子園で繰り広げられた伝説の試合にまつわる記事を書いた。高知・明徳義塾高校が、石川・星稜高校の松井秀喜選手を5打席連続で敬遠した、1992年のあの試合である。元高校球児でもある大井記者は、いろんな関係者に取材する中で、当時の明徳義塾の主将だった筒井健一さんにも話を聞いた。

 あのとき、前代未聞の5敬遠を断行した明徳義塾への世間の風当たりはものすごく強かった。最終回には観客らが次々とメガホンをグラウンドに投げ入れ、試合が一時中断したほどだ。ただ、当の選手たちは割と冷静だったようで、筒井さんも「否定的な意見をいう人たちは、スポーツを本気でやったことがないのでは」と受け止める余裕があった。

 星稜に勝って3回戦の相手を決める抽選のために主将として改めて甲子園を訪れた筒井さんは、そこでも観客から「帰れ」などと心ないヤジを浴びた。気にしない、気にしない。自分たちはルールにのっとって、勝つためにやったんだから。何も恥じることはない。

松井秀喜選手が5敬遠された試合では、観客が次々とメガホンをグラウンドに投げて試合が一時中断した(1992年8月16日、甲子園球場で)
松井秀喜選手が5敬遠された試合では、観客が次々とメガホンをグラウンドに投げて試合が一時中断した(1992年8月16日、甲子園球場で)

 平常心で抽選会に臨んだつもりの筒井さんだったが、ヤジの嵐の中、たまたま隣にいた奈良・天理高校の主将にポンポンとお尻を(たた)かれて、「気にするなよ」と声をかけられた。その瞬間、筒井さんはつい、涙を流してしまった。「ぐっと我慢している時に誰かに優しくされると、うれしいでしょう? 要は、優しさなんです」。あんなにヤジを飛ばされ、いくら悔しくても涙は出なかったのに、同じ高校生のふとした気遣いで泣いてしまったという。

残り:1045文字/全文:2436文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1787221 0 デスクの目~社会部 2021/01/22 15:00:00 2021/01/22 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210120-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)