「戦後最悪」は繰り返す…ノーベル賞学者でも困難な長期見通し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

経済部デスク 松原知基

 「どん底などであるものか、自分から『これがどん底だ』と言っていられる間は」

 シェークスピア(1564~1616)の4大悲劇の一つ、「リア王」(福田恆存訳、新潮文庫)に出てくる言葉を改めてかみしめた。これまでに経験した「どん底」は、やはりどん底などではなかったのだと。

 今月17日に内閣府が発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、新型コロナウイルスの影響で実質GDPが前期比7.8%減、年率換算で27.8%減に沈んだ。マイナス幅はかつてない大きさとなり、新聞各紙は1面で「戦後最悪」と報じた。

 それまでの「戦後最悪」は、2008年のリーマン・ショック後。米リーマン・ブラザーズの経営破綻をきっかけとする金融危機で日本を含む主要国の景気は急速に悪化し、09年1~3月期の実質GDPは年率17.8%減となった。

「年越し派遣村」で、ボランティアによる昼食配布に集まる入村者ら(2008年12月31日)
「年越し派遣村」で、ボランティアによる昼食配布に集まる入村者ら(2008年12月31日)

 08年の年末には東京・日比谷公園に炊き出しや生活保護申請を支援する「年越し派遣村」が設置された。当時、日本経済はどん底に落ちたと思ったものだが、コロナ禍で日本経済はさらなるどん底に突き落とされた。

 思い返せば、1998年も「戦後最悪の不況」と称された。前年に山一証券や北海道拓殖銀行が経営破綻し、金融危機が起きた。筆者は就職活動中で、焦燥感を覚えた記憶がある。大学を卒業しても仕事が見つからない「就職氷河期」が社会問題になった。

 「戦後最悪」は、何度繰り返されるのだろうか。

残り:1731文字/全文:2334文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1432623 0 デスクの目~経済部 2020/08/26 15:00:00 2020/08/26 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200824-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ