読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「鬼門」乗り越えた安倍首相…消費税の将来は

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

経済部デスク 松原知基

「鬼門」神宮球場でのヤクルト戦、走者一掃の3点適時2塁打を放ち、ガッツポーズをする巨人・菅野。開幕9連勝を果たした(8月25日)
「鬼門」神宮球場でのヤクルト戦、走者一掃の3点適時2塁打を放ち、ガッツポーズをする巨人・菅野。開幕9連勝を果たした(8月25日)

 巨人のエース・菅野智之投手が8日、開幕10連勝を果たした。開幕投手としては、球団では1938年のスタルヒン投手以来、82年ぶりの快挙だという。これに先立つ8月25日、神宮球場でのヤクルト戦で9連勝を飾った際、翌日の読売新聞スポーツ面の見出しが目を引いた。

 「『鬼門』 神宮なんの」

 昨季までペナントレースで9試合に登板し、1勝6敗と負けが込んでいた神宮球場は、菅野投手にとってまさに鬼門だった。試合後、「(神宮は)みなさんが騒ぐので嫌な球場ですよ」と苦笑いしたという。苦手意識は抜けただろうか。

 「鬼門」は本来、陰陽道で鬼が出入りする方角として避けられてきた艮(うしとら=北東)を指す。もちろん、迷信の一種である。現代は、ろくな目に遭わない、苦手とする場所や事柄、人物なども意味する。できれば避けたい場所や業務、上司などを「鬼門」と呼ぶ方も多いだろう。

辞任表明から週末をはさんだ8月31日、首相官邸に入る安倍首相。報道陣の前では吹っ切れたような表情を見せた
辞任表明から週末をはさんだ8月31日、首相官邸に入る安倍首相。報道陣の前では吹っ切れたような表情を見せた

 先日辞任を表明した安倍首相は、過去の首相にとっての鬼門を乗り越えた一人と言える。現代の日本政治にとっての鬼門といえば、言うまでもなく消費税である。時の政権の体力を奪い続けてきた。

 大平首相は1979年、世論の強い反発を受けた一般消費税構想を断念した。中曽根首相は87年に売上税法案の廃案に追い込まれた。89年に3%の消費税を導入した竹下首相は同年に総辞職。橋本首相は97年に税率を5%に引き上げたが、翌年の参院選で敗北、退陣した。一方、小泉首相が5年を超える長期政権を維持したのは、在任中の税率引き上げを否定したことが一因だろう。

 安倍首相はまず2014年4月に税率を8%に引き上げた。10%への引き上げは2度にわたって延期したものの、19年10月に実施した。2度の消費増税に踏み切った初の首相である。今回の辞任表明は持病の悪化が原因であり、消費増税が政権の屋台骨を揺るがすことはなかった。

 「『鬼門』 消費税なんの」といったところか。

残り:1729文字/全文:2852文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1464362 0 デスクの目~経済部 2020/09/09 15:00:00 2020/09/09 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200907-OYT8I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)