読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「コンコルド効果」と「国の威信」…隘路の三菱スペースジェット

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

経済部デスク 松原知基

 子どもの頃、図鑑で飛行機の写真を眺めるのが好きだった。特に記憶に残っているのが 「コンコルド」。世界で最も速く飛び、スピードは「ちょうおんそく」だという。鋭くとがった機首に、長い細身の機体が印象的で、いつか乗ってみたいと憧れた。

 あれから20年以上がたって企業取材を担当するようになると、再び「コンコルド」の言葉に出会う。「コンコルド効果」。すでに巨額の投資をしてしまったために、不採算事業と分かっていてもやめられない心理状態を表す。

超音速旅客機「コンコルド」(1994年9月、大阪・関西空港で)
超音速旅客機「コンコルド」(1994年9月、大阪・関西空港で)

 英仏両国の失敗から生まれた言葉である。1960年代に両国が共同開発した超音速機は、運航にこぎ着けたとしても巨額の開発費を回収することは難しく、採算が取れないことが早々に判明していた。すぐに開発を中止することが最善の選択だったはずだが、投資をやめられなかった。

 憧れのコンコルドは2003年に運航を終了し、経営者が判断を誤って深みにはまってしまうことを示す代名詞になっていた。

 コンコルド効果を懸念せざるを得ないのが、三菱重工業が開発している国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」だ。三菱重工は先月30日、量産化計画を当面凍結すると発表した。

 08年に事業化を決めた際、国産旅客機の開発はプロペラ機「YS―11」以来半世紀ぶりとあって、「日の丸ジェット」への期待は大きかった。政府の支援も得てつぎ込んだ開発費用は1兆円規模に膨らんだが、すでに初号機の納入を6度も延期している。

量産化計画が当面凍結されることになった「三菱スペースジェット」(今年3月、愛知県豊山町の県営名古屋空港で)
量産化計画が当面凍結されることになった「三菱スペースジェット」(今年3月、愛知県豊山町の県営名古屋空港で)

 新型コロナウイルス感染拡大で航空需要が冷え込んだ影響もあるが、量産化計画の凍結の主因は開発の遅れだ。配線トラブルによる設計変更、部品調達の難航などに見舞われ、就航に必要となる「型式証明」の取得にさえ至っていない。

 量産化に至ったとしても、長期にわたる赤字事業になることは目に見えている。「撤退」の選択肢もあるはずだったが、あくまで「凍結」だという。開発費を大幅に縮減したものの、再起を図る構えは崩さない。いや、崩せないのかもしれない。

 筆者がMRJを担当したのは約4年前で、5度目の納入延期を決める前後だった。すでに開発スケジュールが大幅に遅れ、先行きが危ぶまれていたが、当時の三菱重工の幹部がこんな言葉を漏らしていた。

 「国家的プロジェクトですからね。始めたからには、何が何でもやり遂げなくてはいけないんですよ」

 今思えば、この幹部にはすでにコンコルド効果が働いていたのではないか。ちなみに経済学では「サンクコスト(埋没費用)効果」と呼ばれる。サンクコストとは、すでに投じてしまい、もう何をしても戻ってこない費用のことだ。

残り:1132文字/全文:2513文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1600535 0 デスクの目~経済部 2020/11/04 15:00:00 2020/11/04 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201102-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)