読売新聞オンライン

メニュー

ワクチンと特許…「落ちても死なない崖」を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

経済部デスク 松原知基

 恐る恐るのぞき込むと、足が震えた。高さ25メートルに達する崖から、ちらっと海が見える。「ここから落ちたら死んじゃうな」。子どもの頃、家族旅行で訪れた「東尋坊」(福井県坂井市)の記憶は鮮明に残っている。生まれて初めて死を間近に感じた場所だった。

断崖の高さが25メートルに達する東尋坊の「大池」。コロナ禍で観光に大きな打撃を受けた(2015年6月)
断崖の高さが25メートルに達する東尋坊の「大池」。コロナ禍で観光に大きな打撃を受けた(2015年6月)

 サスペンスドラマや映画のロケ地にもなった北陸屈指の観光地も、コロナの影響を大きく受けたようだ。福井県によると、大型連休期間中の1日あたりの観光客は、感染拡大前の2019年に比べて9割減だったという。

 崖から落ちる恐怖を感じる人も少なくなったか。

 崖から落ちたものの、はい上がった姿を見た。

 「感無量の思いだ」

オンライン記者会見に臨むエーザイの内藤晴夫CEO
オンライン記者会見に臨むエーザイの内藤晴夫CEO

 エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は6月9日のオンライン説明会で、アルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたことを受け、喜びを語った。

 アルツハイマー病の原因とされる物質を脳内から除去し、認知機能の低下を長期間抑えることを狙う世界初の薬だという。内藤氏は「検査体制の充実に従って収益面での貢献が大きくなる」と語った。

 期待が膨らむのも無理はない。エーザイは過去に、同じアルツハイマー治療薬で「崖」から落ちた経験を味わっているからだ。製薬業界の「パテントクリフ(Patent Cliff=特許の崖)」と呼ばれる崖である。

 もともとアルツハイマー治療薬は、エーザイの得意分野だった。1983年には認知症の研究を始め、90年代後半、進行を一時的に抑える「アリセプト」を発売した。売り上げはピークの2010年3月期に3228億円に達した。

 これはエーザイ全体の売上高の40%を占め、まさに会社を支える主力医薬品になった。売り上げが伸び続けていた時、筆者は製薬業界を担当していたが、「エーザイと言えばアリセプト」というイメージが強かった。

 しかし、「崖」が待っていた。わずか2年後の12年3月期に、アリセプトの売り上げは1471億円と半分以下になった。エーザイ全体に占める割合は23%まで落ち込んだ。

 何があったのか。

 新薬は出願から20年で、延長が認められればさらに5年で「特許切れ」を迎え、同じ有効成分で作られたジェネリック医薬品(後発薬)が出回る。開発に巨額を要する新薬に比べて後発薬は安いため、新薬はたちまちシェア(市場占有率)を奪われ、売り上げが激減する。これがパテントクリフである。

 そもそもエーザイのような製薬企業は、巨額の費用をつぎ込んで新薬の開発を進める。開発には10年以上かかることもあり、治験を重ねて販売にこぎ着けられるのは2万5000分の1程度とされる。

 このため、特許権が守られている間に新薬を独占的に販売し、大きな利益を上げる。その利益をもとに、次の新薬開発に挑む。製薬企業はこうしたビジネスモデルで「崖」を克服しようとしてきた。

 今、いつもより早く迫ってきそうな「崖」がある。新型コロナウイルスワクチンの特許権だ。

残り:1521文字/全文:3057文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2149436 0 デスクの目~経済部 2021/06/23 15:00:00 2021/06/23 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)