“三代目の正直”ならず 創設85年の芥川賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 鵜飼哲夫

 今年で創設85年になる第163回芥川賞は、選考会の前から話題になっていた。候補の一人に作家津島佑子の長女で、太宰治(本名・津島修治)の孫である劇作家、石原燃(本名・津島香以)さん(48)の名前があったからだ。

 太宰は昭和10年(1935年)第1回芥川賞に「逆行」で候補になったが落選。太宰の次女、津島佑子も20代で、「(きつね)(はら)む」などで3回候補になったが、受賞できなかった。このため三度目の正直ならぬ“三代目の正直”となるか、との声もあがっていた。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。 こちら でログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1354914 0 編集委員の目 2020/07/21 10:00:00 2020/07/30 10:38:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200717-OYT8I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ