コロナ機に授業のオンライン化加速? 問われる大学のあり方

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 古沢由紀子

 「これからの授業は対面とオンラインのハイブリッド型で」。大学関係者から頻繁に聞かれるようになったこの言葉に、違和感が拭えない。新型コロナウイルス対策を機に、平常時もオンラインの授業を大幅に増やす意向の大学が多いのだ。入学後、キャンパスに全く行けていない新入生らは、どう受け止めるだろうか。

対面授業の大幅削減、学生や保護者には疑問も

段階的に学内施設を開放している同志社⼤学。9⽉下旬からはオンラインと併⽤しつつ、対⾯授業を重視し、できるだけ再開を進めていく方針だ(京都市の今出川キャンパスで)
段階的に学内施設を開放している同志社⼤学。9⽉下旬からはオンラインと併⽤しつつ、対⾯授業を重視し、できるだけ再開を進めていく方針だ(京都市の今出川キャンパスで)

 海外の大学に比べて遅れていたICT(情報通信技術)の活用は、コロナの影響で急速に進んだ。教員からは「授業の準備を周到にするようになった」、学生からは「質問がしやすい」という利点が挙げられている。同じ授業を対面とオンラインで並行して行えば、学生の選択肢は増える。

 気になるのは、学長らが出席した記者会見や会議で「オンライン授業が中心になれば、学生の定員や校舎の概念も変わるのでは」「教室不足も解消される」といった声が聞かれることだ。大学の定員は文部科学省に厳しく管理され、校舎の面積にも細かな基準がある。遠隔授業の履修単位にも通常は上限が設けられている。

 オンラインへの切り替えには手間や設備投資が必要だが、対面授業を大きく減らせれば、少ない教員や施設で多数の学生に発信でき、コスト削減につながる面がある。

 対面を前提に入学した学生や保護者からみると、授業料の問題を含めて疑問がわくのは当然だろう。学生同士のつながりが希薄になり、学習意欲に影響が出るかもしれない。大学とは何か、という根源的な問いに行き着くことにもなる。

残り:1243文字/全文:1853文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1452711 0 編集委員の目 2020/09/04 10:00:00 2020/09/04 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200902-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ