朝ドラ「エール」14日に再開 古関の葛藤どう描く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 阿部文彦

古関裕而さん(1978年)
古関裕而さん(1978年)

 戦中・戦後の体験を聞き書きする本紙連載企画「戦後75年 終わらぬ夏」初回の8月1日、「露営の歌」「オリンピック・マーチ」で知られる作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)(1909―89年)を取り上げた(記事はこちら)。その古関をモデルにしたNHK連続テレビ小説「エール」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で再放送が続いていたが、14日に新章がスタートする。ようやく、「再」の字が消える。楽しみだ。「軍歌の覇王」と称された作曲家の物語はくしくも、戦時色強まる時代からの再開となる。「自分の曲で若者が死地に赴いた」という古関の心の痛みをどう描くのだろうか。

「露営の歌」が大ヒット、中国で戦争の悲惨さ知る

 ドラマが中断した時点で、窪田正孝さん演じる古山裕一は20代半ば。作曲家として飛躍の時期を迎えていた。「船頭可愛いや」の大ヒットに続き、「露営の歌」がメガヒットとなるのだ。

古関裕而の長男の正裕さん(2020年7月9日、東京都大田区の自宅で)
古関裕而の長男の正裕さん(2020年7月9日、東京都大田区の自宅で)
古関が中国で撮影した、がれきにたたずむ幼子(1938年、古関正裕さん提供)
古関が中国で撮影した、がれきにたたずむ幼子(1938年、古関正裕さん提供)

 時代背景をおさらいしよう。1937年7月、日中戦争が勃発する。そこで、新聞社が戦意高揚のために歌詞を公募した。曲を付けたのが古関だった。

 「勝って来るぞと勇ましく」と躍動感あふれる歌い出しの曲は、昭和37年生まれの記者の耳にも残っている。「手柄たてずに死なりょうか」と兵士の悲壮な決意を歌い、短調のメロディーは哀調を帯びる。この歌は、明日をも知れぬ戦地の兵士らが愛唱し、全国に広まった。

残り:808文字/全文:1368文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1467192 0 編集委員の目 2020/09/11 10:00:00 2020/09/11 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200904-OYT8I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ