読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

開始から100年の国勢調査 だれが引き継ぐのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 阿部文彦

 みなさんは、今年の国勢調査に答えたでしょうか。9月中、約5500万の全世帯に配布され、これまでに8割の世帯がスマートフォンやパソコンを使ったオンラインか郵送で回答しています。「調査員に調査票を渡した」という人もいることでしょう。調査は今年が100年の節目ですが、近年、回収できない調査票が増えていて、前回の2015年は全国で13.1%、東京都では30.7%に上りました。「国勢」とは「全国の情勢」のことです。東京都などでは統計として成立せず、情勢が不明になるのでは。そんな危惧も抱いてしまいます。今回も回収率が気になりますが、カギを握るのは社会への関心が薄いとされる若年層です。

国勢調査の調査票
国勢調査の調査票

調査員として駆け回った島根県立大の学生たち

 国勢調査を若者はどう思っているのか。ヒントをつかむため、先月23日、学生調査員育成事業の一環として、島根県浜田市の島根県立大学で開かれた『社会調査法実習』にオンラインで参加しました。パソコンの画面には学生と指導役の藤原真砂教授が映ります。学生たちは今回の国勢調査で調査員を務め、浜田市内を駆け回りました。

 調査員不足への対応と、公的統計への理解を深めてもらうのを兼ね、昨年度から、島根県立大学、県統計調査課、浜田市総務課が協力、学生が国勢調査に参加し統計作成の意義を学ぶカリキュラムとして始めました。今年度は11人が受講し、統計や調査の専門的な講義や、調査員としてのマナー研修を受け、本番に備えました。調査員は原則20歳以上なので、大学生も調査員になることができ、アルバイトとして採用される大学生もいます。しかし、同大学のように、きちんとした講義や研修を受けた学生が国勢調査員となり、その活動が単位認定の一部とされるのは全国的にも初めてです。

島根県立大学の「社会調査法実習」の講義の様子(10月23日)
島根県立大学の「社会調査法実習」の講義の様子(10月23日)

残り:1160文字/全文:2146文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1604747 0 編集委員の目 2020/11/06 10:00:00 2020/11/06 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201102-OYT8I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)