読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京五輪 関連組織が「露サイバー攻撃の標的に」:英政府

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 結城和香子

 英国政府は10月19日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの関連組織が、ロシアのサイバー攻撃を受けていたことを明らかにした。推測される目的や手法は、18年平昌冬季五輪で実際に起きた攻撃を連想させる。

情報収集から偽メール作成、五輪システム攻撃へ

 英国政府によると、攻撃を仕掛けたのはロシアの軍参謀本部情報総局(GRU)。組織委員会やスポンサー企業などが標的となり、攻撃時期はコロナ禍で五輪が延期される前だったという。各組織内を「偵察」する動きだった、との報道もある。

 英国の発表と同時期、米国は平昌五輪を含む複数の標的にサイバー攻撃を行ったとされるGRUの6人を訴追した。興味深いのは訴追状に書かれたその手口だ。

平昌五輪開会式で、最終点火者の金妍児(キム・ヨナ)さんが点火した聖火台=若杉和希撮影
平昌五輪開会式で、最終点火者の金妍児(キム・ヨナ)さんが点火した聖火台=若杉和希撮影

 平昌五輪関連の攻撃は、五輪前年の17年12月頃、組織内の「偵察」から始まったという。コンピューターのネットワークや個々人について、技術的、個人的な情報を蓄積するのが目的だった。これをもとに攻撃側は、受け手が疑いを持ちにくい内容の巧妙な偽メールなどを作成、侵入の糸口を得ていったという。

 平昌五輪を取材していた記者は、当時記者会見で一報を聞いた。その後、開会式当日にシステム障害が発生、公式サイトからチケットが印刷できなくなるなどの影響が出ていたことが分かった。サイバー攻撃とみられるが、攻撃者は特定できていないことも。

 「特定できない」のは、そう仕組まれていたからでもあるらしい。訴追状によると、攻撃に使われたマルウェア(悪意のあるソフトウェア)の一部は、北朝鮮のハッキング集団が使用するものに似せて作られるなど、(いん)(ぺい)工作が行われていたという。

開会式の会場に描かれた平和の象徴ハトの図柄=加藤学撮影
開会式の会場に描かれた平和の象徴ハトの図柄=加藤学撮影

 開会式当日、システムの一部を停止させたマルウェアは、「オリンピック・デストロイヤー」とも呼ばれている。英米の動きにもかかわらず、残念ながら、東京大会が次の標的であり続ける可能性はある。ロシアの機関が平昌五輪を標的にしたとされる、その「要因」が今も健在だからだ。

残り:1360文字/全文:2478文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1655658 0 編集委員の目 2020/11/27 10:00:00 2020/11/27 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201124-OYT8I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)