読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3度の甲子園V ファンをわかせた木内マジック

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 阿部文彦

 高校野球で、茨城の取手二高と常総学院高の監督として、3度の甲子園優勝を成し遂げた木内幸男さんが11月24日に亡くなった。89歳だった。

夏の甲子園で優勝して宿舎の従業員から花束を受け取る木内さん(2003年)
夏の甲子園で優勝して宿舎の従業員から花束を受け取る木内さん(2003年)

 木内さんが常総学院を率いて、全国制覇した2003年夏、記者は水戸支局のデスクで高校野球を担当、県民向けの号外の記事も書いた。その年の読売新聞茨城版「県内10大ニュース」の1位は、「常総、夏の甲子園V」。県民、そして全国の高校野球ファンを大いにわかせてくれた名将に合掌。

桑田、清原 KKコンビのPL学園を撃破

 木内さんは、トリッキーな采配を振るう「木内マジック」で知られる。例えば、取手二高時代の1984年に行われた夏の大会決勝、桑田真澄、清原和博のKKコンビを擁するPL学園高との戦いでは、打ち込まれたエースを右翼に移して守らせ、リリーフをマウンドに送った。ワンアウトを取った後、再びマウンドに上がったエースは清原、桑田を見事に打ち取った。当時は珍しかった作戦だ。バントかと思えば強攻策。控えの選手を大胆に起用する。選手の個性を生かした自在な野球が信条だった。

甲子園初優勝で胴上げされる木内さん(1984年)
甲子園初優勝で胴上げされる木内さん(1984年)

 マジックをかける相手は敵だけではない。元NHKアナウンサーの西田善夫さんは著書「スポーツと言葉」でこんなエピソードを紹介している。PL戦の前の日のミーティングで、木内さんは緊張する選手たちに、「旗も2本(優勝旗と準優勝旗)あるそうだから、取手に帰っても格好がつく。だから明日は気楽にやれ」と言葉をかけた。翌日、この話を取手二高の関係者から聞いた西田さんは慌てたそうだ。2本あるのは春の選抜大会で、夏は優勝旗しかない。試合直前、西田さんからその事実を聞いた木内さんは「おーい。夏は優勝旗1本しかないんだと」とナインに伝えた。どう落とし前をつけるのか。「旗が1本しかないんだったら、おまえらやっぱ勝つしかないな」との一言に、選手たちはどっと笑ったという。

残り:1292文字/全文:2333文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1672580 0 編集委員の目 2020/12/04 10:00:00 2020/12/04 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)